京都在住のお千賀さんの気ままな京都一人歩きです。

by ochikachan-51

新緑の仁和寺へ♪

5月3日
お昼から出かけます。 さて今日はどこへ行こうかな♪
そうだ! 仁和寺(にんなじ)で去年見かけたハナイカダをもう一度探しに行こう♪
ちなみにこちらがハナイカダです。

f0054428_20321471.jpg


去年、ちょこぼさん達と行った仁和寺裏山成就山の「御室八十八ヶ所」と呼ばれるコースを巡ったときに最後の八十八番で見つけました。
私のデジカメは電池切れのため、ちょこぼさんの写真を拝借ですm(_ _)m

f0054428_2036392.jpg


こちらがその山道と札所です。 
平成17.4.22日撮影。 ミツバツツジがあちらこちらと咲いていてきれいでした。
子供が小学生の頃に一緒に巡った以来ですが、山道に小さなお堂が88カ所あり、途中から市内の景色も見え、軽いハイキングコースですね。 そして四国88カ所霊場を巡ったのと同じ御利益があるそうですからこちらも良いですね(^_^)v

f0054428_21351582.jpg


こちら5月3日の仁王門です。 重要文化財です。 
徳川家光寄進と言われ、知恩院、南禅寺の三門と並んで「京の三大門」と言われているようですよ。

こちらは「御室(おむろ)御所」と呼ばれた平安時代創建(888年)の門跡寺院です。
寺創建発願の光徳天皇の子、宇多天皇が創建した真言宗のお寺で、皇室から皇子が入寺し、明治まで代々住職を務める門跡寺院と栄え、広大な敷地と90以上の伽藍を控える大寺だったそうです。 宇多法皇がこちらの住職になられたあと、こちらに住む室を「御室」と呼ばれたところからこの辺りの地名となり今に至っています。
しかし応仁の乱で西陣の陣地となりほとんどの伽藍が消失、江戸時代の初期に金堂や御影堂等が再建されたそうですよ。
京都で一番遅咲きの桜の「御室の桜」はこちらの桜を言います。
目の高さぐらいの低い桜です。 お花の時期が一番人気があるようですね。

f0054428_21374229.jpg


仁王門をくぐって上の中門に進みます。
お寺の広さを実感できる場所です。 こちらの写真では、分かりにくいですね。
帰りに反対側の中門側からの写真をお見せしますからね(^_^)v

f0054428_22305467.jpg


五重塔です。 寛永年間、徳川家光により創建されたものだそうですよ。 
高さ33m、各層の大きさが変わらないのが特徴だそうです。 
普段見る五重の塔と感じが違うのはそう言うことなのかと思いました。 
こちらも重文だそうですよ。

f0054428_22413979.jpg


桜の時期になるとこの新緑が桜色に変わって又美しい五重塔が見られますよ(^_^)v
ぜひどうぞ。

f0054428_2243563.jpg


こちら五重塔の東側にある鎮守社の九所明神です。 手前右が拝殿、斜め奥左が本殿のようです。 こちらも重文らしいですよ。 江戸時代初期の創建のようですね。 
こちらも仁和寺の境内になるんですよ。

f0054428_22431768.jpg


鳥居から拝殿、本殿へと続く参道です。
実は仁和寺に何回も来ているんですが、こんな神社があったの知らなかったですね(^^ゞ

こちらは人も少なくてホッとする場所ですね。
あれ、あれ! 林の木立の下に・・・・・。

f0054428_114261.jpg


紅紫色のスミレですね。 いつも見るタチツボスミレと色が全然違います。 葉も裏が濃い紫色ですね。 ワクワクしてきました。 やって来た甲斐ありでした。 
てばまるスミレ博士によりますと「シハイスミレ」でしょうとのことでした。 
可愛いですね(^_^)v
スミレをいっぱい撮り終えて満足、満足(^_^)v

f0054428_23162451.jpg


本筋の参道の金堂のほうにもどります。

f0054428_2244319.jpg


金堂です。 こちらは国宝になります。 
御所の紫宸殿から移築されたものだそうです。

f0054428_014912.jpg


f0054428_22452063.jpg


なるほど、お寺にしては優雅で気品のある建物のはずですね。

f0054428_23153682.jpg


鐘楼ですね。 こちらは重文。

f0054428_22463214.jpg


こちらが御影堂です。 こちらも重文で御所の清涼殿から移築されたものだそうですよ。
屋根の形がさすがに優雅ですね。

この後、西門を出て裏山の88番の大窪寺へ行ってみます。 88番の最後だから西門からすぐなんですよね(笑) 

f0054428_2313619.jpg


f0054428_232852.jpg


色々探してみましたが、見つからず、どこに咲いていたのやら・・・・。
又ちょこぼさんにきいてみましょう。 来年まで持ち越しかな(^^ゞ
可愛いスミレを見つけたのですから良しとしましょうと又西門へ戻って正面の仁王門から帰ることにします。

f0054428_23144354.jpg


新緑の鐘楼。

f0054428_231749.jpg


中門から見る仁王門への道です。 行きと反対方向からです。 広いでしょ(^_^)v
奥の仁王門の右側に黒い屋根が見えていますね。 
こちらの本坊の一角は「仁和寺御殿」と今も呼ばれているところで、拝観料はいりますが、素晴らしい白砂のお庭と優美な御殿建築が拝観できます。 なかなか風情がありますよ。
こちらは明治に焼失されたものを明治、大正にかけて再建されたものですが、お薦めです(^_^)v

仁和寺から嵐電に乗って帰るつもりでしたが、ここまで来たのだからと渡月橋だけ見て帰ることにしようと嵐山行きの電車に乗ります。 2両の車両の嵐電好きなんですよ(*^_^*)

f0054428_23192866.jpg


渡月橋です。 こちらも観光客が多いですね。 紅葉の時期よりはマシですけど(笑)

f0054428_2319284.jpg


新緑がきれいですね。 
左端の山の中腹に小さく塔が見えていますね。 法輪寺です。 十三参りのお寺です。

f0054428_2320563.jpg


f0054428_23203385.jpg


こちらが法輪寺です。 子供たちが13才になったとき、一緒にお参りにきました。
帰りに子供たちは渡月橋を渡って帰って行きます。 法輪寺の方を振り返らずに渡るんですよね。 振り返ると折角こちらで授かった知恵がなくなると言われています。
時間なしのため、今日はこちらでさようならでした(*^_^*) 

それでは、法輪寺前の旅館街を歩いて阪急電車に乗って帰ります。
今日もたくさん歩きました(^_^)
[PR]
by ochikachan-51 | 2006-05-05 23:54 | 仁和寺、竜安寺、金閣寺他