京都在住のお千賀さんの気ままな京都一人歩きです。

by ochikachan-51

地蔵院から渡月橋へ♪

10月11日
上桂の地蔵院は紅葉がきれいだと聞き、紅葉には早いですが、まだ訪れたことがないので下見がてら行ってみました。

こちらのお寺は南北朝時代の貞治6年(1367)に室町管領 細川頼之公が夢窓国師の高弟 宗鏡禅師を招請して伽藍を建立されたものが始まりだそうです。

f0054428_21364450.jpg


f0054428_21334174.jpg


一休禅師は、このお寺の近くで生まれ(1394年)、このお寺で幼少の頃、修養されたそうです。

f0054428_21391216.jpg


境内に竹が多く、「竹の寺」とも言われているようです。

f0054428_2141079.jpg


f0054428_21395394.jpg


本堂です。 伝教大師の作と言われている延命安産の地蔵菩薩を中央にし、開祖とした夢窓国師、第2世の宗鏡禅師、細川頼之公の各木造が安置されています。

f0054428_21412588.jpg


f0054428_2141435.jpg


方丈への門ですが、ここから撮影禁止でした。
方丈前庭は「16羅漢の庭」と呼ばれて宗鏡禅師作と言われ平庭式枯山水庭園となっています。
静かなお庭で訪れたかたたちも静かに見入っておられました。

f0054428_22442469.jpg


f0054428_22444261.jpg


境内奥には、細川石と言われる細川頼之公、宗鏡禅師のお墓もあります。

f0054428_22453981.jpg


総門をでて、

f0054428_22465666.jpg


松尾大社前を通りすぎ、嵐山へ向かいます。
いつもなら嵐山まで歩くのですが、日の暮れもせまってきましたので松尾大社からバスで嵐山へ向かいます。

f0054428_2224055.jpg


嵐山公園です。 
いつもと違って今日は松尾大社から来ましたので、嵐山の山や法輪寺側から見る嵐山公園の景色となります。
大堰川の後にぽっこりコブのある山が愛宕山です。
京都の北東にそびえる比叡山と相対して北西にそびえる愛宕山で京都市で一番高い山です。
頂上には、火の神様が祀られている愛宕神社があります。

今日は連休ですのでたくさんの人出となっているようで、大堰川にもボートがいつもより多いです。

f0054428_21595362.jpg


こちらもいつもの反対から見る渡月橋です。

そして橋を渡って振り返ると・・・・・・・

f0054428_22111033.jpg


法輪寺や嵐山の山をバックにした渡月橋です。

f0054428_22163594.jpg


十三参りでお馴染みの法輪寺です。
京都の子供たちは13才になるとこのお寺へ晴れ着を着てお参りに行き智恵を授かり、帰りにこの渡月橋を渡ります。
その時には、この橋を渡りきるまで振り返らないこととなっています。
振り返ると折角授かってきた智恵がなくなるからとのことです。
うちの子供たちもお参りしてこの橋を渡りました。 だいぶん前の話ですが(笑)

f0054428_2219245.jpg


保津川下りの舟が先の船着き場でお客さんを下ろしたようですね。
この後、この舟は出発点の亀岡までトラックで運ばれます。
たくさんの舟を乗せたトラックを何度か見たことがあります。

f0054428_22231135.jpg


f0054428_22264015.jpg


『蕎麦のよしむら』です。
渡月橋を渡りきった角の桜餅のお店「琴きき茶屋」のとなりにあるお店です。
一寸お値段が高そうに思われがちですが、手打ちのお蕎麦屋さんでそばがきの善哉などもありますよ。
ここのお店の座敷は二階からとなっていて、総ガラス張りの窓から嵐山の景色を堪能出来ますのでお奨めです。
お腹の一杯の方は、善哉やそばのアイスが美味しいですよ。
そしてもちろんお蕎麦も美味しいですからね。
ぜひ一度入ってみてください。 
素晴らしい景色に納得されると思いますよ(^_^)v

f0054428_22275384.jpg


f0054428_22281477.jpg


そして最後は定番スポットからの渡月橋です。

さて日も暮れかけてきましたので桜餅をお土産に帰ることとしましょう。
琴きき茶屋の桜餅も一寸変わっていて面白いですよ。
そして美味ですからぜひお土産にどうぞ♪

おしまい♪
[PR]
by ochikachan-51 | 2009-10-17 21:31 | 嵐山、嵯峨野