京都在住のお千賀さんの気ままな京都一人歩きです。

by ochikachan-51

<   2010年 10月 ( 2 )   > この月の画像一覧

10月23日
以前から行きたいと思っていた洛西の鈴虫寺へ行って来ました。
主人の車で地蔵院の傍まで乗せてもらいます。
鈴虫寺へ一人のんびりした住宅街を歩きます。

f0054428_22384681.jpg


地蔵院ですね。
去年、同じ時期にこちらのお寺を訪れていますね。
竹が多くて静かなお寺でした。
紅葉がきれいだそうですからぜひ紅葉の時期にまた来たいですね。

f0054428_2240744.jpg


地蔵院近くも竹林が多いです。

少し歩くと京都バスの苔寺(西芳寺)のバス停があります。
苔寺は拝観予約がいるお寺ですね。
確か拝観料が3000円ほどいるようですよ。
バス停から川沿いを歩き、ちょっと外から拝観(^_^)

f0054428_22411068.jpg


苔寺ですね。 

f0054428_22413143.jpg


少しこのあたりだけ紅葉が始まっているようですね。

f0054428_22485413.jpg


こちらが「苔寺」の正面のようですね。
門がしっかり閉ざされています。
今日は予約がない日なのでしょうか。
一度拝観しないとダメですね(笑)
しかし、3000円は、京都の中でも一番高い拝観料の様に思います。
私が若いときは、こんな高くなかったのですが、その時に行くべきでしたね。
高すぎてちょっとイマイチ嫌な感じです(笑)
でも、きっとそれだけ拝観する価値があるのでしょうね(*^_^*)

f0054428_2257261.jpg


バス停に戻り来た道を歩いていくとお目当ての鈴虫寺が見えてきました。
いつもたくさんの人が参道の階段まで並んでおられたのでパスしていましたが、今日は待つつもりでやって来ました。
今日は階段から表の通りまで並んでいるようですね。

こちらのお寺の正式名は享保8年創建の臨済宗の華厳寺といいます。
こちらのお寺では一年中鈴虫の鳴き声を聴けるようにたくさんの鈴虫を育てていることから鈴虫寺と呼ばれています。
でも、それよりこちらのお寺の山門脇のお地蔵様が有名なんですよね(笑)

f0054428_23313031.jpg


こちらの幸福地蔵様です。
願い事がとてもよく叶うそうでたくさんの方がお参りに来られるわけです。
山門前にあるのですが、まずはこちらのお寺で20分ほどお話しを聞き、それから帰りにお地蔵様へお参りするとのことで拝観料500円がいります。

f0054428_23342345.jpg


さほど大きくないお寺ですが、一回に200人がお話しを聞く部屋には、鈴虫がうるさいぐらい鳴いています。
これでは、風流もあまり感じません。 名前の割にはちょっと残念な感じがしました。

f0054428_23345885.jpg


20分間、お地蔵様のお願いの仕方の説明を長々と聞きます。
ちょっと苦笑いのギャグを入れたお話しが続きます。 
その後、お参りするときの必需品のお守り300円を買います。
お札は2000円もするようですが、高いお札をたくさん購入されている方が結構おられます。
ご利益が大なのでしょうね。
お寺は商売繁盛でニコニコでしょう(^_^) 
お守り購入後、綺麗に手入れされたこじんまりしたお庭を巡り、高台から京都市街を見渡します。
そしてお目当てのお地蔵様に順番にお参りするわけですね。

f0054428_23352990.jpg


優しいお顔をしておられますね。
こちらのお地蔵様は草鞋を履いておられます。
草履を履いたお地蔵様は珍しいとのことです。
草鞋を履いて願い事をした人のお家まで願いごとを叶えにきてくださるそうです。
有り難いですね。

お寺で聞いた通り、あわせた手の間にお札を入れて私もお願い事をしてお参りします。
帰りも参道の階段には、たくさんの列が出来ています。
他府県から見えられる若い女性が多い中に私のような中高年の方もチラホラ見られますね。
結局、待ち時間も入れて1時間かかりました。
5月の連休や行楽シーズは、もっと混み合うようですので平日がお薦めですとのことでしたよ。


その後、鈴虫寺から住宅街を北へ歩いていきます。

f0054428_23393680.jpg


月読神社です。
「つきよみ神社」ってとっても素敵な響きですよね。
こちらは天照大神の弟君の月読尊(つきよみのみこと)を祭神とする延喜式内大社、
日本書記にも登場する京都でも屈指の古社とのことですよ。
今では、松尾大社の境外摂社となっているようです。
こちらは神功皇后由縁の安産信仰発祥の石「月延べ石」があり、安産守護のお社でもあるようですね。

f0054428_0235918.jpg


そんなに大きくないようですが、なかなか趣があり、由緒ある古社だと感じられる造りですね。

f0054428_042369.jpg


f0054428_0365776.jpg


f0054428_0373333.jpg


f0054428_0433649.jpg


f0054428_038089.jpg


こちらが「月延べ石」のようです。
私も社務所にて1000円で白い小石をいただき、娘に早く元気な子供が出来ますようにとお願いしてきました(^_^)

f0054428_041838.jpg


その後、また山沿いの住宅街を花を愛でながらとことこ北上していきます。
[PR]
by ochikachan-51 | 2010-10-31 23:14 | 嵐山、嵯峨野

南禅寺界隈の別邸街を♪

10月2日
お昼3時半ごろからカメラを持って地下鉄へ。
どこかへ、どこがいいかなぁ~♪ 電車に乗りながら頭をクルクル回転させます(^_^)
結局、近場の南禅寺界隈の別邸街となりました(*^_^*)

f0054428_2315288.jpg


南禅寺塔頭の「金地院」です。 お庭の高台にある東照宮へ続く参道です。
もうそろそろ閉門のようですね。 外からバチリでした。
こちらのお寺は高台に東照宮があり、枯山水のお庭や池もある回遊式庭園です。
枯山水庭園は小堀遠州作庭だそうですよ。
それぞれのお庭がこぢんまりと凝縮されてなかなか面白いです。
それに方丈の縁側で枯山水を鑑賞しながらのんびりが良いです。
そしてこちらは徳川家康に仕えた名僧「金地院崇伝」のお寺でもあります。

f0054428_23281987.jpg


南禅寺の三門を横に見ながら別邸街へ。

南禅寺は、かっては広大な敷地だったようですが、明治になって貧窮して、広大な境内を手放したそうです。
その敷地に公家さんや財閥などが競って次々と別邸を建て
それぞれの別邸には、琵琶湖からひかれた琵琶湖疏水の水をひきいれ小川や池を作り、東山借景庭園の別邸群が南禅寺界隈に出来上がったわけですね。
最近、NHKでも南禅寺界隈の別邸群の番組が放映されていましたね。

f0054428_036177.jpg


f0054428_23323299.jpg


上2枚は南禅寺界隈の別邸群の中でも一番立派な「 碧雲荘(へきうんそう)」です。
野村證券などの創始者「二代目野村徳七」が造った別邸です。
他の別邸は、時折一般公開されているのですが、こちらは公開されていないと思います。
お知り合いの方で野村證券関連で中へ入った方がいますが、大きな池があり、素晴らしく立派なようですよ。

f0054428_01564.jpg


f0054428_023256.jpg


碧雲荘の垣根をバックにパチリでした(*^_^*)

f0054428_057100.jpg


こちらも大きな塀が続く邸宅のようです。

f0054428_062739.jpg


f0054428_07379.jpg


傾いた陽に照らされてきれいだったのでパチリ(*^_^*)

f0054428_011734.jpg


こちらの別邸は以前公開されていましたね。
碧雲荘の向かいになりますが、道に沿ったこちらの桜が綺麗ですよ。

f0054428_0131120.jpg


こちらは先の別邸の向かいになる碧雲荘ですね。

f0054428_0144984.jpg


大きく撮しますとこちらが碧雲荘の前の通りです。
左が碧雲荘、右が先ほど紹介した前庭の桜がきれいな別邸。
桜の時期にこの通りを一度歩かれてみてください。 
ゆったりした別邸街と満開の桜がお薦めですよ(^_^)v

別邸街を人力車が行きます。
人力車がいるところを左に曲がりますと

f0054428_144744.jpg


こちらの小径になります。
この道は東山が前方に見え、山側から水が流れ(疏水の分水かな)のんびりとして私のお気に入りの道です。
大木の桜があり、春は綺麗なんですよ♪

左の垣根は碧雲荘の垣根が続いています。 広いですね。
その奧に見えている建物は東山高校の建物です。
私の息子の母校でもあります。
息子の学校は南禅寺の北隣ですので学校訪問の際は、嬉しいでしたねぇ~(*^_^*)

f0054428_059498.jpg


f0054428_0592930.jpg


こちらは碧雲荘の裏側(東側)にある「野村美術館」です。
野村徳七さんが収集された美術品が展示されているのかな。
一度入ってみたいと思っています。

f0054428_10459.jpg


f0054428_1271614.jpg


紅葉の名所「永観堂」も閉門です。

f0054428_128790.jpg


f0054428_1283668.jpg


こちらも立派な門構えですね。

f0054428_1322316.jpg


f0054428_1294739.jpg


こちらの門は「不明門(あかずのもん)」
説明書きによりますと伏見城から移築されたもので、昔より「あかずのもん」として開けられたことがないそうで今も開けられることのない門だそうです。 
立派な装飾がほどこされていて豊臣家の威厳を感じますね。
こちらの邸宅は、藤田小太郎氏の邸宅だったそうで1700坪を有し、明治を代表する庭師「7代目小川治兵衛」作庭となっています。
先の野村氏の碧雲荘もそしてこの辺りの別邸のお庭もほとんど「植治」こと「小川治兵衛」作庭のようです。
ちなみに平安神宮神苑もそうですね。

別邸街を散策でした(*^_^*)
[PR]
by ochikachan-51 | 2010-10-04 23:57 | 東山界隈