京都在住のお千賀さんの気ままな京都一人歩きです。

by ochikachan-51

<   2009年 07月 ( 3 )   > この月の画像一覧

7月15日。
今日は祇園祭宵々山の15日です。
早めに夕食を済ませて宵山見物です。
今日は自転車で行かずに地下鉄に乗って「烏丸御池駅」下車。
地下鉄はラッシュアワーのような混みようです。 三条通りへ向かいます。

f0054428_11173544.jpg


烏丸三条あたりからの烏丸通りです。
奥が京都駅方面、京都タワーも見えています。
歩行者天国になっている烏丸通りの両側には、夜店の灯りが賑やかです。

f0054428_1119113.jpg


鈴鹿山です。 烏丸三条上るです。

f0054428_1120974.jpg


八幡山。

f0054428_11414152.jpg


f0054428_11384968.jpg


f0054428_11362143.jpg


立派な屏風も飾られています。
祇園祭には、山鉾町内の旧家や老舗が秘蔵の屏風を公開します。 
別名「屏風祭り」とも言われています。
見応えのある屏風が飾られている新町通を南下するつもりでしたが、新町通は北行き一方通行となっていて入れません。 室町通りも北行き一方通行となってたくさんの人が北を向いて歩いてきます。
こちらもとても入れません。
今年は三条通りから出発しましたが、いつものように四条通りから北上するべきでした。
しかし、人気の通りはすごい混みようです。

f0054428_11374870.jpg


浄妙山です。

f0054428_11573338.jpg


浄妙山のご神体です。
各山のご神体は巡行の朝に山に飾られますが、宵山はこのように各町内に飾られています。

人混みを避けて、一気に四条通の長刀鉾へ向かいます。

f0054428_1223990.jpg


f0054428_123254.jpg


f0054428_1294166.jpg


f0054428_1214250.jpg


四条通の長刀鉾です。

f0054428_12195067.jpg


f0054428_12212126.jpg


やっぱりこの長刀のお囃子を聴かねば、宵山って感じがしませんね。
例年のようにこの鉾から見るべきでした。

f0054428_1222268.jpg


こちらは函谷鉾(かんこぼこ)です。 四条烏丸西入るです。

f0054428_12234383.jpg


f0054428_1224318.jpg


そしてさらに四条通りを西へ。

f0054428_12254361.jpg


f0054428_12244460.jpg


月鉾です。

月鉾を通り過ぎて振り返ったら

f0054428_12262895.jpg


右手前が月鉾の提灯、左手奥が函谷鉾、その間に何となく灯って見えるのが長刀鉾です。
明後日の巡行当日の朝には、この四条通を長刀鉾を先頭に山や鉾が並ぶわけですね。

さて、今度は四条通を新町通へ南下します。
四条通からだと南下が出来ます。

お目当てはこちらです。

f0054428_1232713.jpg


f0054428_12322825.jpg


f0054428_12325764.jpg


f0054428_12342043.jpg


船鉾です。 この鉾だけが船の形をしています。

f0054428_12432091.jpg


船鉾では、町内の子供たちが元気に声を出して頑張っています。
「粽どうですかぁ~」って。
可愛いですね♪

さて、船鉾も見れましたし、満足して人混みの中をすり抜けて家路となりました。

明後日の巡行のお天気を気にしながら・・・・(*^_^*)
[PR]
by ochikachan-51 | 2009-07-26 12:47 | 祇園祭
さあさあ♪ 皆が指折り数えて待っていた祇園祭が始まりましたよ♪

7月13日
大丸へ買い物ついでに一寸四条通へ♪
長刀鉾偵察です(*^_^*)

f0054428_7292210.jpg


お、お 長刀鉾です。
祇園祭と言えば、この長刀鉾ですからね。
鉾先の大長刀が空に向かって伸びています。  これを見ないと夏って気がしませんね。
京都の蒸し暑い夏、到来です(^_^)v

f0054428_7254850.jpg


この長刀鉾だけは古来から「くじ取らず」で毎年巡行の先頭となります。
稚児が乗るのも今はこの鉾だけですからね。
鉾の中でも一番優雅な鉾のような感じがします。

f0054428_726783.jpg


まだ四隅の柱に飾り付けがされていませんね。
明日から宵山が始まりますからその時には、すっかり飾られていることでしょうね。

f0054428_726424.jpg


今日はビニールが被されています。 
ビニールがない方が素晴らしい胴掛けを堪能出来るのですが、梅雨時期ですから仕方ないですね。

f0054428_727788.jpg


鉾の車輪も2mぐらいあるはずですよ。  

f0054428_736111.jpg


鉾は、一切釘を使わずに縄で絞めて固定させています。
そのため巡行の時は、鉾が通るとギシギシと音を立てて揺れながら通り過ぎます。
これもなかなかの醍醐味ですよ。

f0054428_7274426.jpg


帰りの「保昌山」です。
宵山のこちらの子供たちの粽(ちまき)売りの童歌のような歌声が可愛いんですよ。
「盗難除けと縁結びのお守りは今晩限りとなりましたぁ~~♪
どうぞ、受けてお帰り下さ~い♪」
録音してお聞かせしたいくらいです(*^_^*)

今年も楽しみにしています(^_^)v
[PR]
by ochikachan-51 | 2009-07-16 07:45 | 祇園祭
次は、「御常御殿(おつねごてん)」へ。

先の御学問所などの御殿群を御池庭に沿って巡っていき、北への門をくぐっていきますと

f0054428_15193136.jpg


f0054428_1133251.jpg


f0054428_15222743.jpg


f0054428_16122161.jpg


御常御殿前のお庭、御内邸(ごないてい)です。
風流な土橋や石橋が掛けられ、緑の中に紅色のキリシマツツジが趣を添えています。
私の前回の参観時の御内庭は、紅葉が美しかったですが、今回は、このツツジの鮮やかな彩りにうっとりです。
四季折々の風情を楽しめるように作庭されているようですね。

f0054428_1254622.jpg


f0054428_1293978.jpg


こちらはお庭の続きにある御涼所(おすずみしょ)です。
「おすずみしょ」とは、なんと趣のある宮中らしい呼び名なんでしょうね(笑)
「おつねごてん」もですね。
御涼所は、天皇の夏期の納涼のための御座所としてもちいられていたそうで、東からの風をうけるようにと東面を広く造ってあるそうです。 奥には茶室もあるそうです。


f0054428_11441042.jpg


こちらが御常御殿で、お庭に面した東側です。 
御常御殿は、室町時代以降、天皇が日常のお住まいとして使用された御殿で、内部は15室からなる入母屋檜皮葺の書院造りの建物です。
明治天皇は、東京に行かれるまでこちらに住んでおられたそうです。
この御殿から北側は奥向きの御殿となっているそうです。

f0054428_11481239.jpg


f0054428_12255962.jpg


こちら2つ写真は、御常御殿の南側となります。

こちらでは、祝儀の際に天皇から賜る盃酒の「天盃」、「三献の儀」などが行われていたようです。

この後、御常御殿北側に位置する皇后の日常のお住まい「皇后宮常御殿」へまわります。

f0054428_1849497.jpg


途中の木々のすっきりした見事なお手入れに感心します。
 

f0054428_1915340.jpg


f0054428_193910.jpg


f0054428_195557.jpg


f0054428_196052.jpg


皇后宮常御殿です。
16世紀終わり頃から女御、皇后の日常のお住まいに使われ、入母屋檜皮葺書院造りで13室あるそうです。

f0054428_1923043.jpg


f0054428_1924693.jpg


前庭のお庭も御常御殿よりは少し小振りですが、見事に手入れされています。

f0054428_22194778.jpg


f0054428_2248786.jpg


こちらは飛香舎(ひぎょうしゃ)です。 
女御入内の儀式が執りおこなわれた建物で、女御が日常過ごしていたところだそうです。
中庭の藤にちなんで「藤壺」とも呼ばれていたそうです。
こちらは平安時代の内裏の様式を良く伝えている建物で檜皮葺寝殿造りとなっています。


飛香舎前にはこんな物が展示されています。

f0054428_22293151.jpg


f0054428_22295138.jpg


牛車です。
平安時代の貴族の乗り物で後から乗って、前から降りるそうです。

f0054428_2238145.jpg


朔平門(さくへいもん)。
京都御所の最も北側にあり、御所南側の建礼門と対しています。
また飛香舎のすぐそばに位置していて、女御入内の儀式の際に用いられたそうです。
儀式の時は、この朔平門で牛車を降りて轟車に乗り換えて人にひかれて御所に入っていったそうですが、江戸時代からは牛車を人が引いて朔平門から入ったそうです。

f0054428_2249689.jpg


「若宮・姫宮御殿」
皇子、皇女の御殿で、明治天皇も一時期住まわれていたそうです。

f0054428_2251578.jpg


「板輿(いたごし)」
静寛院宮(和宮親子内親王)が明治2年に京都に戻られたあと、使われていた輿だそうです。
輿には、徳川家の三葉葵の紋が彫金されています。
和宮さんは、婚約者と引き裂かれて徳川家に輿入れされ色々ご苦労なさったようですが、31才の若さで亡くなられているようですね。 
京都に帰ってからも三葉葵の紋の輿を使われていたというお気持ちを思うと胸が熱くなりますね。

さてこれで参観は終わりです。
京都御所の西側の門の一つ「清所門」をくぐり、京都御所から京都御苑へ。

f0054428_2301164.jpg


御所の築地塀を見ながら御苑を歩き御苑の西側の門の一つ蛤御門を出ます。

f0054428_23382226.jpg


蛤御門です。 奥が京都御苑、京都御所の築地塀がみえています。 その背後に東山となり8月16日の五山の送り火でお馴染みの大文字も見えています。

蛤御門の由来も面白いですよ。
天明の大火(1788年)の際に、今まで閉じられていた門が初めて開けられます。
「焼けて口開く蛤」に例えられて蛤御門と言われるようになったそうですよ。
又この門は江戸末期に長州藩がこの場所で会津藩、薩摩藩と戦った「蛤御門の変(禁門の変)」で有名です。

f0054428_23433948.jpg


今もその時の弾丸跡が残っています。 こちらへ来られた折は、ぜひご覧下さいね。

では長いブログでお疲れ様でした。 そしてお付き合い、ありがとうございました。

それではやっとおしまいです(*^_^*)
[PR]
by ochikachan-51 | 2009-07-03 12:26 | 街中