京都在住のお千賀さんの気ままな京都一人歩きです。

by ochikachan-51

<   2007年 03月 ( 4 )   > この月の画像一覧

今年も桜開花偵察へ♪

3月29日に祇園白川から円山公園、高台寺まで桜偵察の朝の散歩へ♪

f0054428_2354469.jpg


f0054428_23523996.jpg


祇園白川沿いの桜並木です。

f0054428_23543433.jpg


白川沿いの桜は、少し咲いているのもありますが、全体的には、まだまだですね。

次は円山公園、枝垂れ桜へ。

f0054428_23555590.jpg


こちらもチラホラ開花していますが、まだまだ。

f0054428_2356775.jpg


しかし、こちらに来るごとに見かける光景、カラスの寝床になっているのでしょうか。
カラスの糞害などのため桜の枝が切られているので違う方向から見るとと可哀想な様相になっています。 気になるところです。

f0054428_043623.jpg


f0054428_032344.jpg


f0054428_034089.jpg


円山公園は綺麗に咲いている桜も一部ありますが、まだこれからと言ったところです。

今度は、大谷祖廟の前を通って高台寺の枝垂れ桜へ。

f0054428_04554.jpg


大谷祖廟です。

f0054428_06855.jpg


ねねの道を通っていきます。

高台寺の参道の階段下に「桜は五分咲きです」と書かれています。

f0054428_07798.jpg


参道の階段から見上げるとあの有名な枝垂れ桜が色付いています。

f0054428_074113.jpg


f0054428_08193.jpg


高台寺方丈前庭の片方の枝垂れ桜が綺麗に咲いていますが、もう一方はまだこれからですね。 こちらの2本の枝垂れ桜が満開になると素晴らしいです。

f0054428_0205392.jpg


高台寺南にある霊山観音も右側に白くみえています。
ここのところ、急に春めいて暖かくなっています。
一気に桜の見頃となるように思われます。
楽しみにことです。

それでは、今日の桜偵察の朝の散歩を帰るとしましょう(^-^)/~
[PR]
by ochikachan-51 | 2007-03-31 00:27 | 東山界隈
色々バタバタしていまして、長らく朝の散歩もしていません。
久しぶりに鴨川へ♪

f0054428_1104318.jpg


鴨川から見る比叡山、京都の町並み、気持ちが良いですね。 

上写真の奥に団栗(どんぐり)橋(四条大橋から一つ南の橋)がみえています。
この橋の東(右)あたりの民家が、京都の町を焼き尽くした天明8年(1788)「天明の大火」の火元になったと最近知りました。
1月30日早朝に火災が発生、東からの強風により鴨川を越えて、寺町高辻上るのお寺に飛び火し、北は鞍馬口、南は七条、東は鴨川の東、西は千本通りまでと当時の京都の市中を燃え広がり、民家37000件、お寺201ヶ寺、神社37社が被害を受け、3日間で京都の町は焼け野原となったそうです。 すごい大火だったんですね。
御所、相国寺、二条城、東西の本願寺も類焼。
応仁の乱による京都の火災の被害は良くこちらで耳にしていたのですが、恥ずかしながら天明の大火、あまり知らず、他県の方に教えてもらった次第です。
恥ずかしい限りですが、一つ賢くなれたですね(*^_^*)

川沿いの雪柳も結構咲き出しています。
満開になると回りの草木も青々としてきてそして桜が咲き出したら、春爛漫になるんですよね。
大好きな季節がやって来ますね(^_^)
ちなみに春到来の写真を。

f0054428_117594.jpg


桜と雪柳の饗宴の鴨川ですね♪
桜開花はまだまだちょっと早いですけど、今年は24日頃が開花予報のようでしたよ。
たくさんの方が又京都にいらっしゃることでしょうね(^_^)v

さて、団栗橋から東へ建仁寺へと入っていきます。
建仁寺は火元からすぐ近くになるんですが、方丈、法堂、勅使門も天明の大火前の伽藍となっています。 団栗橋から南になるので、風の向きに寄って類焼を免れたのでしょうか。

f0054428_21191461.jpg


f0054428_16554242.jpg


f0054428_21435579.jpg


建仁寺法堂です。

f0054428_112136.jpg


f0054428_21462251.jpg


三門です。 三門から奥(北)に法堂、方丈と続いています。
鎌倉時代の禅寺の伽藍配置の特徴だと聞いたような・・・。

f0054428_21455859.jpg


朝の建仁寺境内です。 お坊さんの姿も見られ、今日一日の始まりを感じられます。
さて、私も今日一日、頑張りましょう。
鴨川に戻って木屋町通りを帰ります。

f0054428_21464810.jpg


木屋町通りの高瀬川沿いの民家に椿が朝日を浴びてきれいでした。
やっぱり、朝の散歩、良いですね♪
[PR]
by ochikachan-51 | 2007-03-11 22:22 | 東山界隈

ひな祭り

お雛様を飾りました。
今年はおじいさんが亡くなったので出したらいけないのではと思いながら、五月に嫁ぐ娘にとって独身最後のひな祭りになるし・・・・。
そうそう、おじいさんも何時もお雛様飾るの楽しみにしてくれてたな~。
きっと「ええで~♪」って言ってくれるような気がします。
やっぱり出すことにしました(^_^)

f0054428_22483065.jpg


f0054428_22512320.jpg


ところでご存じですか。
京都では、他県と内裏様とお雛様の座り位置が違うんですよ。
一般は、向かって右がお雛様、左が内裏様ですね。
京都では、向かって右が内裏様、左がお雛様です。
これは天皇の立ち位置、座り位置の変化によるものだそうです。
昔は天皇は向かって右側、皇后は左となっていました。
しかし、明治の西洋化により立ち位置も西洋に習い天皇は向かって左、皇后は右と変えられたわけです。
そのためお雛様の座り位置も同じように変えられたようです。
でも京都だけはいまだに昔のままの座り位置。
京都の人形屋さん達のこだわりのようですね(*^_^*)


さて最初にどうして向かって右側が天皇の位置と定まったか。
近くにお住まいの人形屋さんから聞いたお話しですが、京都御所の紫宸殿は、南に向いています。 東から日が昇る事から東が上座、それにより東側向かって右に天皇、左に皇后となったとのことでした。

もう一つ、京都人のこだわりの面白いお話し。
東京から地方へ行くことを「都落ち」と一般にいうようですが、
京都では、「都落ち」というと京都から東京や地方へいくこと。
大阪出身の私には、「あれ~?」っていいたくなるんですが、先日、京都の知事さんが同じようなことをテレビで言ってるのを主人が「そうそう、その通り♪」って喜んで相づち打ってました。
主人曰く、「東京は東の京都や~♪」

千年の都にいまだにこだわっているわけですね(笑)
[PR]
by ochikachan-51 | 2007-03-03 23:29 | 祭事、 雑事

再開致しますm(_ _)m

皆さん今日は。
長らく勝手をさせて頂き申し訳ありませんでした。
又ブログ更新していきたいと思っていますので又宜しくお願い致しますm(_ _)m

f0054428_1713028.jpg

[PR]
by ochikachan-51 | 2007-03-02 14:33 | 祭事、 雑事