京都在住のお千賀さんの気ままな京都一人歩きです。

by ochikachan-51

<   2006年 09月 ( 1 )   > この月の画像一覧

南禅寺塔頭の天授庵へ♪

土曜日は南禅寺近くの京都国際交流会館で娘のピアノ発表会があり、その帰りに南禅寺に寄ってみました。

f0054428_23411970.jpg


連休で思っていたより人が多いです。 今日はお寺の縁側でゆっくりしてたい心境。 どこが良いかな。 
私のお気に入りの縁側のある「金地院」は、本堂が改修中だし、そうだ三門すぐ傍の「天授庵」も素敵な縁側があったから、天授庵へ♪

f0054428_23432060.jpg


久しぶりの天授庵です。

400円の拝観料を払って中へ。  こちらは枯山水の「本堂前庭」と池泉回遊式庭園の「書院南庭」があります。 400円の値打ち十分ありですよ(^_^)v

パンフレットによると
『天授庵は南禅寺の開山第一世大明国師無関普門禅師を奉祀する南禅寺の開山塔として暦応3年(1337年)創建。 その後南禅寺大火の類焼、応仁の乱の兵火により荒廃。  慶長7年(1602年)細川幽斎の寄進により現在の本堂、正門、旧書院を始め諸堂が復興し今日にいたる。 南禅寺山内でも最も由緒ある寺院である。』とのことですよ。

正門から入ってすぐ左手の潜り戸をくぐってお庭(本堂前庭)へ。

f0054428_030552.jpg


こちらが潜り戸からのお庭に続く石畳です。

この石畳は本堂正面まで続き、暦応4年(1338年)当庵創建当初のものと言われているそうですよ。

f0054428_21421384.jpg


その石畳を歩いていくと右手に本堂が緑の中から見えてきます。

f0054428_0313157.jpg


キキョウ、まだ咲いてますね♪

本堂横の石畳を進みます。 石畳からはずれて本堂に沿って右へまわると・・

f0054428_2144196.jpg


あら、やっぱり素敵♪ 
枯山水のお庭、「本堂前庭」です。 
南禅寺境内と違って人が少なくて静かですね。 

石畳が枯山水のお庭の中に見られますね。 この苔むした石畳が先ほど歩いていた石畳の続きです。 本堂正面へと続いていますね。

f0054428_2222815.jpg


f0054428_2152117.jpg


f0054428_2156899.jpg


枯山水のお庭の中に苔むした石畳が長い年月を感じさせるような趣を醸し出していますね。

f0054428_21513810.jpg


f0054428_2224225.jpg


こちらの正面の石畳は細川幽斎の廟所に向かうもので慶長15年に設けられたものだそうですよ。 写真奥に見えている石畳が先ほどの創建時のものです。

f0054428_23482157.jpg


私も縁側に座ってのんびり枯山水のお庭を眺めます♪
綺麗ですね。 心が和みます(’-’*)
喧騒からのがれてまった~~り♪
色々物思いに耽って・・・・・・・ゆっくりゆっくり時間が立って行きます。



そろそろ奥の「書院南庭」へも。
奥は池泉回遊式庭園で、素敵だったはず♪~と奥へ歩いていくと・・・・

f0054428_22205357.jpg


こちらは風流な潜り戸です。 くぐると・・・あら足もとに

f0054428_2217177.jpg


ヤブランのお花が咲いてますよ♪ お庭のムードにぴったし。

f0054428_22185146.jpg


書院が右手に出てきます。 この書院を横に見て奥へ、

f0054428_22192519.jpg


池が見えてきましたよ♪

f0054428_22232427.jpg


f0054428_2350767.jpg


この池を回遊出来るようになっているんですよね。 ちょっと行ってみましょうね♪

『こちらのお庭は鎌倉末期から南北朝時代の特色を備えているそうで暦応4年創建当時の作庭された物であることを物語っている造りが今も残っているそうです。 その後、慶長の再建の改造や明治初年の著しい改造のため明治調が強く感じられるのが惜しまれる』とパンフレットに書かれていました。

ちょっと残念ですが、こちらも趣があって素敵です。

f0054428_22283532.jpg


大きな鯉がいますね。

f0054428_22253694.jpg


飛び石をトントントン♪と渡っていきましょうね。 
綺麗にお掃除されていています。 気持ちがよいです。 さすがですね(^_^)v

f0054428_22381573.jpg


f0054428_22235554.jpg


f0054428_2352229.jpg


少し紅葉しているところもあります。 でもほんの少しだけ。 まだまだ紅葉は先ですね。

f0054428_005588.jpg


書院前の木にも少し♪

f0054428_23262287.jpg


お風呂に出来そうなくらい大きな「つくばい」です。 こちらも古そうですね。

f0054428_22374845.jpg


f0054428_22332326.jpg


緑の木々の奥に東山も少し見えています。  左手の建物が書院になります。

さあ、ゆっくりしました。 そろそろ帰らなくちゃ。
趣のある潜り戸をまた抜けると本堂前庭へと戻れます。

f0054428_2327586.jpg


f0054428_23583933.jpg


誰もいないですね。 だったらもう少し縁側に座ってゆっくりしましょう(^_^)v
静かですね。 こちらの天授庵の紅葉も素敵でしょうね。 でもその時は拝観者で一杯なのでしょうね。  確か紅葉時のライトアップがあるようでしたよ。  また空いた時に紅葉のお庭を拝観したいですね♪

さあ夕方近くになってきました。 今度こそ帰らなくちゃ。 
庭から正門前のアプローチにでてきます。
池の傍に建っていた書院の正面玄関が見えています。

f0054428_214722100.jpg


こちらが書院正面です。 ちょっと中へ。

f0054428_21292299.jpg


書院は上がれませんから、玄関からです。 
書院の奥のガラス越しに見える緑が、先ほどの「書院南庭」池の緑です。

f0054428_21355137.jpg


振り返えるとアプローチ越しに正門が見えてますね。 額縁の絵になりそうな(^_^)
アプローチ真ん中の右手に木の柵のようなものがありますね。 そちらが枯山水のお庭へ続く道になっています。

アプローチを歩いて正門へ。

f0054428_23422568.jpg


外から見た天授庵正門です。
門から先ほどの書院が見えますね。 池の緑も♪

f0054428_23561067.jpg


門を出るとすぐ前に南禅寺三門がそびえています。

夕方近くになってきたので観光客も帰ったのでしょうか。 人通りも少なくなっています。

私も南禅寺を後にして帰りましょうね~(^-^)/~
[PR]
by ochikachan-51 | 2006-09-21 01:45 | 東山界隈