京都在住のお千賀さんの気ままな京都一人歩きです。

by ochikachan-51

<   2006年 06月 ( 3 )   > この月の画像一覧

18日(日)に大文字山の火床まで足馴らしに行って見ましたよ♪

f0054428_0163614.jpg


銀閣寺付近から見える大文字山です。
お盆に帰ってこられたご先祖様を送る「五山の送り火」の一つ大文字山です。 8月16日にこの大文字山の大の字が夜空に浮かび上がり、後4つの送り火、「妙法」「船形」「左大文字」「鳥居」と順番に京都の空を染めていきますよ。

f0054428_143630.jpg


こちらは鴨川の出町柳あたりです。

f0054428_1434630.jpg


こちらはうちの家のからの「大文字の送り火」です。
よく「大文字焼き」と言われる方がありますが、京都では決してそんないい方しませんよ(笑)
お間違いのないようにお願いしますね♪

銀閣寺の総門の左手の道から大文字山の登り口まで10分です。 川沿いの緩やかな山道を歩いていきます。

f0054428_17412055.jpg


右手に登り口が見えてきました。 この橋が目印です。 この橋を渡って後は一本道の登りです。 ここから大の字の中心の火床までなら約30分です。
夏は暑いですのでタオルと水、帽子をお忘れなくね。 トイレもありませんし気をつけて下さいね。

f0054428_0174860.jpg


火床の中心「金尾(かなわ)」に到着! 
大の字の一画、2画、3画の交わったところです。 
送り火の時はここから最初の火が付けられるんですよ。 そして大の字が広がっていきます。
今日は近道しないで上ったので汗、汗です(笑)

f0054428_019413.jpg


登り切って金尾の前に立つと眼下に京都の街が広がります。 汗をふきながら見渡すこの景色、なんとも気持ちがいいんですよね♪

ここからもう少し上がると大の字上の部分になります。

f0054428_0211349.jpg


火床が3つ順番に上に並んでいるのがわかりますか。 こう言うのを繋げていくと大の字になっていくわけですよ。
下草がだいぶん伸びています。 これからお盆までにお世話なさる「大文字山保存会」の方々が草刈り、送り火用の松割木などを下から運び上げたりされるようですよ。 ご苦労様ですm(_ _)m

f0054428_0132111.jpg


上の方に登っていくと白いユリがチラホラ咲いています。
わぁ~ササユリじゃないかな♪ こんなところでササユリが咲いてるんだ~♪ 得した気分です(^_^)v

f0054428_17474585.jpg


こちらが大の字の一番上の火床になります。 てっぺんですね(笑)

f0054428_17485922.jpg


火床のてっぺんから京都の街がこんな風に見渡せますよ。  
今日は少し霞んでいますので去年の10月の京都市街です。

f0054428_17513893.jpg


こちらは元に戻って今回6月の京都市街です。

f0054428_17361473.jpg


こんなツツジを見かけました。
一寸花弁が細いですね。 何て言うツツジかな?

さあ、そろそろ帰りましょう。 帰りはの大の字の第2画の火床が並んでいる横を下りていきます。

f0054428_17533561.jpg


京都の街を見ながら下りれるので気持ちが良いですよ。
上写真の右側の階段を下りていきますよ。

f0054428_2112252.jpg


こちら下草が短い四月頃の同じ場所からです。 
左にある火床が下へ繋がっているのがわかりますね。

f0054428_17573450.jpg


振り返ったところです。 草が多くて火床がみえませんね(*^_^*)

f0054428_1535877.jpg


草が短いときの写真です。 写真右手の盛り上がって上に続いているのが火床です。

f0054428_1565179.jpg


こちらも草が短い4月頃の写真です。 先の写真の道と反対側の方です。 
先の方は大の字の2画目で上の写真の道は3画目になります。

f0054428_17584937.jpg


銀閣寺の総門まで下りてきました。 もう門も閉まっています。
賑やかな参道のお土産さんもシャッターが下りています。 
さあ、帰りましょうね(^-^)/~

大文字山登山道の詳しい案内は私のHP京都散策日誌のこちらからどうぞ♪
[PR]
by ochikachan-51 | 2006-06-24 02:01 | 大文字山、五山の送り火

初夏の清水寺へ♪

又清水さん行きでございます♪
今日は運動のためいつもの近道でなく本道の五条坂から行きましょう。

f0054428_21121452.jpg


東山(東大路)五条の角です。 この薬屋さんの右の通りがいつもの近道、大谷墓地を通って行く道「大谷道」です。 こちらから10分もかかりませんよ。 急げは5分かな?

左の道が観光バスが上がっていく五条坂です。 「清水寺道」と石碑になっていますね。 
途中右手に分かれ道の茶わん坂を見ながらどんどん上がっていくと、清水坂と交わり、清水坂となり、お土産さんが並ぶ清水寺参道へ。 こちらは15分ぐらいかな。 
今日はこの左の道、五条坂を上がっていきますね♪

ゆっくりした坂がちょっと急坂になって清水坂と交わった頃、左手に産寧坂が見えてきます。

f0054428_2053961.jpg


産寧坂です。 清水坂から見下ろしたところです。
産寧坂を左に見ながら参道を上がっていきましょうね。

f0054428_20541824.jpg


参道の土産物屋さんまだ閉まっていますね。 静かで良いでしょ♪

f0054428_2055053.jpg


清水寺の正面の仁王門到着でございますよ♪ 

今日は仁王門階段下の左手の道を奥に進んでみましょうね。

f0054428_20593982.jpg


f0054428_2101798.jpg


f0054428_2105637.jpg


清水寺の塔頭の「成就院」です。 やっぱりこちら、今日は閉まっていました。 特別拝観の時だけ開いているようですね。 こちらは遠近法を巧み利用した奥に広がりを感じさせる素敵な借景庭園があるんですよ。
「雪、月、花」の「月の庭」としても知られています。 機会がありましたらぜひいらしてくださいね♪

f0054428_310104.jpg


清水寺の北門をくぐって仁王門の階段上の伽藍が並んだところへでてきます。

f0054428_20554335.jpg


伽藍がならび、奥に小さく見える轟門から舞台のあるさらに奥の本堂へと続いています。
 
轟門で拝観料300円を払って本堂へ。 
私が20才前後の頃、京都のお寺の拝観料が100円ぐらいの時、清水さんは30円だったんですけどね。 清水さんは安いなって思っていたんですが、今は10倍ですね(笑)
物価も上がってますけどね(笑) 歳がわかるかな(*^_^*)

f0054428_217227.jpg


廻廊をとって本堂へ。

f0054428_2172268.jpg


廻廊の左手に境内にある地主神社(じしゅ神社)が見えていますね。 こちら縁結びの神社で若い人に人気がありますよ。

f0054428_21301566.jpg


f0054428_033515.jpg


本堂前の「清水の舞台」です。 
あれ、誰もいないわ~~♪ これは珍しい、朝早くても誰かいるんですけど、修学旅行生もいないし、静かで良いな~♪ 

f0054428_21322565.jpg


本堂です。

f0054428_22583022.jpg


子安の塔が見えていますね。 後方の山は豊臣秀吉の廟が頂上にある阿弥陀ヶ峯です。

f0054428_036108.jpg


f0054428_22594996.jpg


清水の舞台から見た「奥の院の舞台」です。

静かですね。 誰も来ないじゃないですか。 お線香の香りが漂って、前には緑が広がり、鳥が鳴き、音羽の滝音まで聞こえてきます。 清水さんが観光客で賑わっているのでは、本当の清水さんの良さが分かりませんね。 ぜひ早朝の清水さんにいらしてください。 6時開門ですから、7時半頃になるともう修学生が来ますからそれまでにね♪

f0054428_2221457.jpg


舞台からの京都の街です。 京都タワー見えるかな♪

舞台を出ると左手に先に紹介した地主神社があります。

f0054428_2491839.jpg


こちらから参拝するようになっています。

地主神社から、奥の院に廻って奥の院の舞台から清水の舞台を見てみましょうね。

f0054428_2305013.jpg


あら、あら、修学生が来て人が多くなってますよ。
今日の拝観料300円、値打ちありでしたね。 私はさっき清水の舞台独り占めでしたからね(*^_^*)

f0054428_2512160.jpg


こちらからは、京都の街が正面に見えています。 京都タワーがしっかりわかりますね(^_^)v

それでは、そろそろ帰るとしましょうか。

f0054428_2151873.jpg


奥の院からの帰りの山沿いに紫陽花が咲いていますよ。 こちらも得しちゃった気分ですね(^_^)v

f0054428_0292870.jpg


清水寺全景も初夏の緑濃い様相ですね。
先日の新緑とは感じが違った落ち着いた緑が舞台下の錦雲渓一面に広がっています。

f0054428_21572539.jpg


舞台下から見上げる緑も先日に比べると多くなっています。 

f0054428_22142748.jpg


茶店も開店ですね。 今日もたくさんのお客さんで賑わうのかな。

それでは、境内南西角の茶店「六花亭」横の近道を下っていきます。

f0054428_2204899.jpg


直ぐに大谷墓地となります。  

f0054428_2211480.jpg


f0054428_22133769.jpg


左側の白壁が大谷本廟となります。
そして最初の東山五条の角へと下りていくわけです。 下りはあっという間ですね。
それでは、家路を急ぎますね(^-^)/~
[PR]
by ochikachan-51 | 2006-06-14 22:31 | 東山界隈

清水寺へ朝の散歩に♪

5月26日。
朝の散歩に出かけます。 
五条通りを歩きながらさあ今日はどこを歩こうかな♪ 東山の中腹に清水さんの三重塔が見えています。 清水さん、緑がきれいだろうな~、でも清水さんへ行ってたら帰りが遅くなるしな~・・・・・。
それなら行って緑だけ見たら直ぐ帰ろう♪
早足で早足で・・・・・・(^_^)

f0054428_23255520.jpg


東大路五条角の大谷本廟の北側の坂道を上がっていきます。

f0054428_23312728.jpg


f0054428_23483669.jpg


清水さん到着、三重の塔です。 

f0054428_23425870.jpg


f0054428_1135021.jpg


清水の舞台の下からです。 今日は上に上がらずに舞台下から見上げます。

f0054428_23394053.jpg


舞台の右端あたりが新緑の中から顔出してくれていますね。

f0054428_124718.jpg


この階段を登って左側が清水の舞台、右側が奥の院の舞台となるわけです。

f0054428_0161118.jpg


そうだ子安の塔の方へも一寸だけ行ってみようっと♪
あれ、確か直ぐに帰ろうって思ってたはずだけど(笑)
「いいよ、いいよ、早く行ってらっしゃい♪」ってハルジオンが言ってくれてるような……(*^_^*)

f0054428_2355275.jpg


子安の塔への階段途中からの三重の塔です。 

f0054428_23563036.jpg


階段の上の定番位置から舞台をパチリ♪

f0054428_23574227.jpg


振り返って子安の塔も♪

f0054428_23581420.jpg


さあ、舞台下の方に戻ってそろそろ帰りましょうね。

f0054428_1638054.jpg


f0054428_23583620.jpg


いつものように下り道を駆け足で、よ~いどん♪

f0054428_052727.jpg


あれ、あれ! マツバウンランが咲いてるじゃないの♪ こんなとこに咲いてるなんてまあまあ嬉しいこと♪ 最後にパチリしてそれでは、ホントに帰りましょう♪

おやかましさんでした(^-^)/~
[PR]
by ochikachan-51 | 2006-06-01 00:30 | 東山界隈