京都在住のお千賀さんの気ままな京都一人歩きです。

by ochikachan-51

カテゴリ:東山界隈( 56 )

朝の南禅寺散歩♪

9月29日。
朝7時に南禅寺へ散策に行ってきました。
途中、以前から気になっていた京の片泊まり宿 「せんしん庵」も外から見学でした。
片泊まり(かたどまり)とは、朝食付きのみのお宿です。
京都で最近はやりのお宿です。
京都にはおいしい夕食を食べるところが色々ありますから 好みの夕食を堪能して、朝ご飯付きのみの宿に泊まるということです。

せんしん庵です。 素泊まり9500円。 朝食付き10500円です。

f0054428_20355353.jpg


せんしん庵のHPはこちらです。

南禅寺へ。

↓南禅寺参道 朝7時過ぎ、静かです。
f0054428_2038544.jpg


↓南禅寺三門
f0054428_20391070.jpg


f0054428_20395478.jpg


↓反対側からの三門 静かで散歩や犬の散歩の方を見かけるぐらいです。
f0054428_20405212.jpg


↓水路閣 こちらも誰もいません。 普段なら観光客が結構見かけますが、朝だと良いですね。

f0054428_20423680.jpg


↓お隣の永観堂です。 モミジの永観堂 紅葉の名所です。
f0054428_20435358.jpg


f0054428_20445124.jpg


f0054428_20451423.jpg


f0054428_20455477.jpg


全山モミジのお庭です。 少し色づいているのかな?

9時から開門ですので柵越しにパチリでした。

朝の散歩おしまい♪
[PR]
by ochikachan-51 | 2013-09-29 20:47 | 東山界隈

平安神宮神苑♪

4月29日
東京の姉夫婦を連れて平安神宮神苑へ

平安神宮社殿裏側に社殿を囲むように広がる平安神宮の神苑があります。
約10,000坪の池泉回遊式庭園で「植治」こと7代目小川治兵衛の作庭です。
植治は無隣庵など南禅寺界隈の別邸の日本庭園を手がけた明治から昭和にかけての有名な庭師です。


桜の時期が特に美しい神苑ですが、季節ごとの花の時期もまた素敵なんですよ。
でも、今回は、桜もすっかりおわり、花菖蒲の時期には早すぎたようで少し残念でしたが、その分空いていてゆっくりお庭を堪能出来ました。

↓「平安神宮」  平安京創始の「桓武天皇」と平安京最後の天皇の「孝明天皇(明治天皇の父君)」が祀られています。 
f0054428_1235057.jpg


↓白い藤が少し咲いていました。
f0054428_124783.jpg


↓花菖蒲もほんの少し。 花菖蒲は6月初旬ぐらいが見頃ですからね。
f0054428_1244252.jpg




↓「臥龍橋」です。 豊臣秀吉によって造られた三条大橋、五条大橋の橋脚が飛び石にされています。
f0054428_126179.jpg


f0054428_129424.jpg


ぜひ太閤さんの時代に思いを馳せながらビョンビョンしてくださいね♪
姉はヒールだったので「滑る~♪」って言いながら嬉しそうに渡っていました。
こちらに来るときは、低めの靴でぜひ挑戦してくださいませ(笑)

↓こちらのお庭の一番美しい建物「泰平閣」です。 御所から移築されたものです。 
f0054428_131272.jpg


f0054428_1332750.jpg


↓この泰平閣に腰掛けてゆっくり池越しのお庭を見るのも又素敵です。
f0054428_145922.jpg



泰平閣手前の藤棚の藤が綺麗でした。
f0054428_1365667.jpg




ちなみに桜の神苑も素敵ですので添付しておきましょう♪

f0054428_10585236.jpg


f0054428_10591091.jpg


↓泰平閣から見た池越しの庭園の桜です。
f0054428_1122365.jpg


f0054428_10593547.jpg


↓泰平閣を渡って振り返った桜景色です。
f0054428_1135753.jpg



またこちら←にも6月の花菖蒲の頃の神苑のブログをアップしてあります。 よろしかったらどうぞ♪


おしまい。
[PR]
by ochikachan-51 | 2013-05-19 01:55 | 東山界隈

紅葉偵察♪ その4

11月23日

知恩院さんから北へすすむと、青蓮院(しょうれんいん)が見えてきます。
白壁沿いに大きなクスノキがそびえています。
そして玄関にもさらに大きなクスノキがどーんと見えてきます。

f0054428_194510.jpg


天然記念物になっています。 樹齢は忘れてしまいましたが、 びっくりするほど古いはずですよ。
ここのクスノキを見上げるといつも しーちゃん←に見せてあげたくなります(*^_^*)

その後、三条通から蹴上へ向かい、南禅寺へ。
南禅寺の参道は、たくさんの観光バスが連なり、動きません。
狭い参道の歩道も観光客がぎっしり、早く歩きたいのですが、追い越せません。
紅葉の南禅寺の観光客の多さには、改めてびっくりです。

南禅寺三門です。

f0054428_1202379.jpg


f0054428_133472.jpg


f0054428_1334189.jpg


f0054428_1343263.jpg


f0054428_1342460.jpg



f0054428_1213650.jpg


天授庵の屏越しの紅葉です。

f0054428_1222856.jpg


こちらは南禅寺三門の南隣すぐです。
縁側で座って見る紅葉が素晴らしいですよ。 この色なら、今日もほれぼれする紅葉が見れることでしょうね。

こちらの←私のブログに天授庵の紅葉時の写真が添付してありますから見てくださいね。
この時も最高に綺麗でしたよ。

さあ、そろそろ地下鉄蹴上駅に向かい帰りましょう。

f0054428_1414284.jpg


f0054428_142157.jpg


金地院の横を通ると石段のモミジが可愛い♪

f0054428_1422985.jpg


こちらも金地院♪

f0054428_1424965.jpg


金地院の紅葉時は、あまり記憶にないのですが、こちらのお庭は枯山水あり、池もあり、そして丘には東照宮もありと色々楽しめておもしろいですよ。
紅葉も綺麗ではないでしょうか。 ちなみに南禅寺が混み合っていてもこちらはいつも空いています。
縁側の枯山水で腰を下ろしてゆっくりと東山借景のお庭を眺めるのも良いですよ。

こちらは何有荘(かいうそう)です。

f0054428_147438.jpg


f0054428_148678.jpg


南禅寺界隈の別邸の一つですが、その別邸の中でも特に素晴らしく、こちらは高台もあり、茶室も何軒もありで明治天皇がお忍びで来られたとも聞いています。
期間限定で公開されているときに入りました。
今は、代替わりして門を閉ざしたままですが、お庭の手入れの方達がこられているようですから、お庭も綺麗にされていることでしょうね。
ちなみに一寸小耳に挟んだ話では、現在のオーナーは外人さんらしいですね。
もしそうだったらますます公開は無理でしょうね。
残念ですね。



三条通りにでて、地下鉄で帰ろうと思いましたが、久しぶりにコーヒの美味しいお店に寄りたくなります。
三条通りを渡り、都ホテルの前を通りすぎコーヒーショップ「高木}へ。

f0054428_20085.jpg


こぢんまりしたお店です。 
三条通りを眺めながら、カウンターでコーヒを飲むのも良いですよ♪

中に入ると懐かしいマスターがおられました。
お年を召されたので息子さんと交代されてもう出てこられないと思っていたのですが、金曜日だけ出ておられるそうです。
この方は、イギリスの紳士のような貫禄の方です。 なかなか渋い方ですよ(*^_^*)

f0054428_26534.jpg


カウンターの奥には、いろんなカップが飾られています。
今日はどのカップを選んでもらうのかな♪
以前マスターが、お客さんの雰囲気に合うようにカップを選んでいるっておっしゃってました。
今日のカップは、一寸渋目のカップでした。
私も渋いのかな(笑)

f0054428_26999.jpg


日も暮れてきてました。
今日の紅葉散策も終わりです。
地下鉄蹴上げ駅から帰りま~す(*^_^*)

おしまい。
[PR]
by ochikachan-51 | 2012-11-29 01:52 | 東山界隈

紅葉偵察♪ その3

11月23日。
ねねの道の突き当たりにある大雲院の「祇園閣」を仰ぎながら写真を撮っていました。

f0054428_23304812.jpg


↑料亭の後方に祇園閣がそびえています。 
一寸横にそれますが、
この祇園閣はホテルオオクラの創始者が昭和初期に建てた別邸「真葛荘]内の展望台として祇園祭の鉾をまねて建てられたそうでてす。 
その後、京都市に寄贈を断られ、寺町通りにあった大雲院がこの地に移転してきて、祇園閣もそのまま大雲院所蔵となったようです。
大雲院には、織田信長と息子信忠のお墓がありますが、その時に信長の墓も寺町通りから移転されたとのことですよ。

と思いながら祇園閣をパチリしていましたら、後方から人力車の車方さんが説明されている声が聞こえます。
「こちらのお店はわらび餅が、めちゃくちゃ美味しいんですよ♪ それにお庭見ながら食べれるんですよ♪」とのことです。
振り返ると「茶房 洛匠」との看板です。
いつも結構人が外に溢れているお店です。 誰も外にいないし、空いている感じです。
それならば入らねば・・・・♪

お庭を通って奥の座敷に入れてもらい、お庭を見ながらわらび餅食べてきました♪
まあまあ、美味しいでしたよ♪
お店の人に聞きましたら、今まですごく混んでいて、ちょうどすーっと皆さんが引かれたところですとのことでした。
ラッキーでした♪

f0054428_023614.jpg


池には、抱えられない位の大きな鯉が何匹もいました。
高そう♪ 夜こっそり盗みに来てもこれだけ大きいと簡単に捕られないでしょうね(笑)

その後円山公園に進みます。

f0054428_063013.jpg


円山公園の池のそばです。 結構こちらも見頃です。

その後、知恩院さんへ。

一寸また横にそれますが、
京都では、知恩院(ちおんいん)を「ちおいんさん」「ちよいんさん」と呼びます。
「ん」を省くんですよね。
何故かそう言います。
それの方が響きも良いでしょ♪ ぜひあなたも今度から「ちおいんさん」と言ってくださいね♪
ついでにもう一つそれますが、
建仁寺(けんにんじ)を地元では、特に年の取られた方は「けんねんじさん」と言われます。
「に」が「ね」になるんですね♪ これも何となく、京都らしくて響きが良いですよね(*^_^*)

f0054428_093866.jpg


知恩院三門です。
三門奥にも階段が見えますね。 この階段は男坂といわれ、結構急で途中振り返るとこわい感じです。
手すりが付いていないのが不思議なくらいです。
三門右横には女坂という、緩い階段もありますから大丈夫ですよ(笑)

三門前を横に見て知恩院さんの白壁にそって北へ進みますと・・・・・♪

見えていますよ。 毎年紅葉の時期は、ここのモミジが素晴らしい色を見せてくれますよ。

f0054428_013596.jpg


f0054428_0143371.jpg


f0054428_0145190.jpg


f0054428_015891.jpg


f0054428_0181668.jpg


今年も見事でした(^_^)

知恩院さんの白壁に沿ってまだまだ歩いていくと・・・・・。
知恩院の黒門が見えてきます。

f0054428_0301116.jpg


黒門です。 長い間修理されていて通行止めされていました。
久しぶりにこの黒門から中へ入ってみましょう♪

f0054428_0315862.jpg


石垣ですね。 まるでお城のような感じですね。

f0054428_0324093.jpg


f0054428_033954.jpg


f0054428_0333228.jpg


↑こちらは黒門に続く、北門です。

北門からくるっとUターンして来た道を戻ります。

f0054428_0352586.jpg


f0054428_0354265.jpg


f0054428_036914.jpg


↑最初の黒門に戻ってきました。
石垣があり、まるでお城へ登城していくような道になっているのが分かりますか。

お寺なのに何故お城を連想するのでしょうか?

この知恩院は浄土宗知恩院派の総本山で、また徳川家の菩提樹でもあります。

そのため知恩院が江戸時代に火災でほとんどの伽藍が焼失した後もすぐに徳川幕府により再建されます。

実は、こちらは単なる徳川の菩提寺と言うだけでなく、こちらは京都を見渡す高台にあり、いざとなったときの幕府の要塞でもあったと聞きました。
正面の三門の大きさと言い、三門からの急な大きな高い階段といい、こちらのお城に登城するような黒門から北門への参道、そして石垣からもそれが分かる気がしますね。
そう思いながらこちらの黒門からもぜひ知恩院さんへ参拝してみてください。
高台に位置する知恩院さん、そして立派な伽藍に納得されることと思いますよ(*^_^*)

ちなみに只今、知恩院の御影堂(本堂)は8年がかりの大修復のため、御影堂がすっぽり大きな建物で覆われています。
お気をつけてください。


一寸夜も更けてきましたので続きは又そのうちに。
[PR]
by ochikachan-51 | 2012-11-27 00:53 | 東山界隈

紅葉偵察♪ その2

11月23日
建仁寺から出て八坂通りを東へ進むと
東大路通り手前に京料理の「京柿」があります。

f0054428_1434415.jpg


お昼なら3000円の松花堂弁当をお座敷で食べさせてもらえます。
以前は1700円ぐらいもあったのですが、今はないようですね。
今度お友達とのランチを検討しているのですが、こちらへは4,5年食べに来ていません。
お味は変わってないかな? 
空いていれば綺麗な個室に入れてもらえ、仲居さんの接客も良いですし、ゆっくり出来ます。
今もおいしければ穴場です(笑)

f0054428_1484263.jpg


f0054428_149359.jpg


f0054428_1492998.jpg


八坂の塔です。

f0054428_150518.jpg


ぐるっと回って東側からの撮影です。

f0054428_1514136.jpg


f0054428_1511595.jpg


八坂の塔から二年坂へ回ります。
二年坂になると急に観光客が増えて混んでいます。
高台寺へ向かいます。

f0054428_1544672.jpg


高台寺駐車場の高台よりの八坂の塔です。
こちらも八坂の塔のビューポイントでもあります。
お天気がイマイチで残念です。

f0054428_1562298.jpg


f0054428_1582697.jpg


f0054428_157114.jpg


高台寺前庭の紅葉が素晴らしいです。

f0054428_231548.jpg


f0054428_233680.jpg


f0054428_235948.jpg


f0054428_245750.jpg


高台寺の勅使門です。
高台寺の屏越しでの偵察ですが、中も素晴らしい事でしょう♪

f0054428_262236.jpg


高台寺からねねの道へくだります。

f0054428_27178.jpg


ねねの道にある月真院(げっしんいん)です。 
皆さん素通りされる方が多いですが、こちらは、
新撰組の伊東甲子太郎ら15名が新撰組を脱退して孝明天皇陵の警備をする御陵衛士となり、この月真院を屯所としたわけです。
しかし、伊東甲子太郎は新撰組によって油小路木津屋橋で謀殺され、その遺体を引き取りに来た同士達も斬られ、御陵衛士も終止符を打たれることとなるわけです。
新撰組大好きな方には、見逃せないお寺ですね。

f0054428_2222334.jpg


月真院は非公開ですが、以前期間限定で公開されていました。
本堂から八坂の塔が綺麗に見えていましたよ。 あの景色を伊東甲子太郎達も見ていたことでしょうね。

こちら←に以前の私の月真院のブログです。
月真院の境内が少し紹介していますよ。

一寸紅葉と外れてしまいました(笑)

f0054428_223589.jpg


あれ、舞妓さんがいますね。
変身の舞妓さんですね。 
「紅葉が綺麗だから撮ってあげるわ♪」ってお二人それぞれのカメラでパチリパチリしてあげました。
「綺麗♪」ってお二人、喜んでくれましたよ♪

私は、後ろ姿をパチリさせてもらいました。

f0054428_230199.jpg


祇園閣と手前は料理屋さんですね。

さて、この後、円山公園から知恩院、そして南禅寺へと行きます。

後ほど続きます。
[PR]
by ochikachan-51 | 2012-11-25 02:31 | 東山界隈

紅葉偵察♪ その1

ここのところ、忙しく京都散策に行かれずでしたが、久しぶりに近場の紅葉偵察してきました。

11月23日

主人と河原町通りのホテルサンルートの10階イタリアンでお食事の後、一人紅葉偵察に繰り出しました。
あいにくの曇り空でしたが、朝からの雨も止んでくれて助かります。

ホテルサンルート10階のイタリアンのお店です。

f0054428_0424787.jpg


f0054428_0431420.jpg


f0054428_0434148.jpg


f0054428_0441637.jpg


窓からは東山の山々や町並みが見えています。
お天気が良いと素晴らしい景色となりますよ。
清水寺や八坂の塔、霊山観音、知恩院などもみれます。
ランチもリーズナブルで1300円から1800円、サラダバー、ドリンクバーも付いています。

主人と別れた後、鴨川の松原通りを渡ります。

f0054428_0473198.jpg


雨上がりで曇っていますが、鴨川沿いの紅葉も綺麗です。

建仁寺へ向かいます。

f0054428_0465251.jpg


f0054428_0482683.jpg


建仁寺の勅使門です。

f0054428_0494897.jpg


f0054428_0503985.jpg


f0054428_0512176.jpg


建仁寺の塔頭、摩利志天堂です。

f0054428_0542966.jpg


建仁寺三門です。

f0054428_0542548.jpg


f0054428_0545381.jpg


f0054428_0552697.jpg


お茶の花です。
建仁寺の創建は栄西上人ですが、栄西上人が宋より日本へ初めてお茶の苗木を持ち帰って日本にお茶を普及させることになったそうで、そのため境内の生け垣にお茶が植えられています。

f0054428_056228.jpg


f0054428_103823.jpg


f0054428_0591194.jpg


法堂です。


f0054428_132782.jpg


f0054428_14222.jpg


こちらは先の三門を反対側から撮った三門です。

f0054428_15342.jpg


建仁寺の境内は紅葉が見頃でたくさん楽しませてもらいました。

その後、先の勅使門から八坂通りを東へ向かいます。

続く。
[PR]
by ochikachan-51 | 2012-11-25 01:06 | 東山界隈

朝の散歩に 妙法院へ♪

最近はご無沙汰ばかりで申し訳ありません。

以前のように朝の散歩もずぼらばかりですが、久しぶりに朝の散歩に東山七条の妙法院へ行ってみました。
智積院のすぐ北隣になるのですが、いつも中へは入れないものと思い素通りでしたが、
他県のお知り合いに教えてもらい境内探索となりました。

f0054428_23135180.jpg


妙法院大門です。

妙法院は最澄を開祖とする由緒あるお寺で、三千院、青蓮院とともに「天台三門跡」の一つでもある門跡寺院です。
(門跡寺院とは、皇族・貴族の子弟が歴代住持となるお寺をいいます。)

そして後白河法皇や豊臣秀吉ゆかりのお寺でもあるようです。
このすぐ近くの秀吉創建の方広寺や後白河法皇創建の三十三間堂や新日吉(いまひえ)社は妙法院の兼帯となっていたそうですが、今はは三十三間堂のみとなっているようですよ。
三十三間堂がこちらのお寺の所属とは知らなかったですねメモメモ♪

f0054428_23223279.jpg


正面の建物は国宝の「庫裏」です。 
秀吉が方広寺大仏殿で先祖のための「千僧供養」を行った際の台所として使用されたと伝えられています。庫裏は屋根を切妻造とするものが多いそうですが、こちらの庫裏は入母屋造となっているとのことです。


f0054428_23283315.jpg


庫裏の玄関です。 
玄関は唐波風となっています。
玄関から柵がされていますので中へは入れませんが、中は薄暗いながらよく見れます。

f0054428_2341366.jpg


庫裏の中です。 

f0054428_2344263.jpg


庫裏の天井です。
天井の梁も立派なものです。 
実は、こちらにこんな国宝があったとは知りませんでしたメモメモ♪

f0054428_23461168.jpg


境内の奥へ進みます。

f0054428_23472282.jpg


明治天皇の行在(あんざい)所ですか。
行在所とは、天皇が行幸するときの旅先に設けた仮宮とのことです。
どちらへ行かれる時のだったのでしょうね。
(どうも父君の孝明天皇陵や皇室の菩提寺泉涌寺へ行かれるときに休憩されたようです)

f0054428_23551983.jpg


境内から見た唐門です。

f0054428_15385.jpg


唐門正面です。 
いつも東大路通りからこの唐門を見ていたのですが、いつも柵をされていたのでてっきり中へは入れないと思いこんでいました。
外から見ると立派な由緒あるお寺の門のようですが、近くに行くと屋根が結構痛んでいるようです。

f0054428_23485615.jpg


こちらから本堂(普賢堂)へ続くのですが、7時半から開門とのことです。
一寸待ってみます。

f0054428_2352945.jpg


地蔵堂です。 お地蔵様がたくさん祀られています。

f0054428_022856.jpg


緑が気持ちいいですね。

少し待っているとお寺の方が柵を開けてくださり、「どうぞ、お参りください」とのことです。
伺ってみましたら、秋に特別公開がありお寺の内部や宝物を見せていただけるようです。
その時には、ぜひ一度拝見させてもらいたいですね。


f0054428_05610.jpg


本堂の普賢堂です。

f0054428_055290.jpg



建物は江戸時代のようです。
中には、こちらのお寺の本尊「普賢菩薩像」を祀ってあり、平安後期の作で重要文化財となっているようです。

f0054428_019784.jpg


左が大書院、右が白書院となるのかな。 どちらも重要文化財のようです。

f0054428_0234714.jpg


大書院と思うのですが、間違っていたらごめんなさい。
こちらの前に「七卿落」の大きな白い説明版がつけられています。

こちらのお寺は幕末に三条実美ら尊皇攘夷派の公卿7人が京都から追放された「七卿落ち」の舞台となったお寺でもあるのですね。

文久3年(1863)8月19日、先の7人の公卿たちが早朝の雨の中、このお寺を出発し、千人の兵に守られながら長州に落ちて行ったわけですね。
歴史に出てくる「七卿落ち」がこのお寺とこんな関係があったとは知らずでした 大メモメモ♪
こういうのを色々知るとこれから妙法院の前を通っても今までと違っておもしろく見えてきそうです(^_^)

f0054428_20825.jpg


唐門です。 来た道を戻ります。

f0054428_055557.jpg


f0054428_23531527.jpg


f0054428_056193.jpg


最初にご紹介した国宝の庫裏の屋根が見えています。 

f0054428_0564535.jpg


大門から外へ出て、妙法院の立派な石垣を見ながら帰宅となります。

おしまい(*^_^*)
[PR]
by ochikachan-51 | 2012-07-06 01:18 | 東山界隈

朝の散歩 清水寺へ♪

12月14日 
久しぶりに早朝の散歩へ♪
カメラを持ってさてどこへ・・・・。
鴨川かな? 建仁寺かな? 八坂の塔、高台寺かな? 
ううん・・・やっぱり清水さんやなぁ~~♪♪♪

まだ観光客もほとんどいなくて 産寧坂も清水さん参道のお店も開いてません。 静かで良いですよ。
紅葉もほぼ終盤ですが、綺麗な紅葉も少しだけ残っていてくれます。
仁王門から境内の池にまわり、音羽の滝へ、奥の院から清水の舞台と京都の街を堪能します。
奥の院はただいま工事中で仮の舞台からの眺望となっています。
奥の院から境内を散策して三重塔へ。
さてさてゆっくりしすぎました。 急いで帰らねば・・・・・・♪

写真は↓のデジブックをクリックしてどうぞ(^_^)v



Published by デジブック
[PR]
by ochikachan-51 | 2011-12-15 02:40 | 東山界隈
11月21日
今日は朝から夕方まで一日フリーとなりました。
これは行かねばならぬ・・・・・紅葉狩りへ♪

まずは近場の清水寺あたりへ♪

f0054428_23475171.jpg


f0054428_2347259.jpg


清水の舞台と舞台下の錦雲渓の紅葉です。
先日の永観堂ほどの紅葉ではありませんが、結構楽しめます。

f0054428_23484131.jpg


奥の院舞台と紅葉です。
まだ舞台や錦雲渓に日が当たらず、少し残念です。

清水南裏門から出ると今までの人混みがウソのように静かで誰もいません。
清閑寺の紅葉も偵察です。

f0054428_1453737.jpg


f0054428_23565346.jpg


f0054428_2356021.jpg


清閑寺です。
ちょっと見頃には早かったのかな。
綺麗な色付きの木もあるのですが、全体的には、もう一つですね。
誰もいなくて独り占めがいいですけどね(*^_^*)

また南門から清水寺に戻ると日が差してきて良い感じです。

f0054428_23595489.jpg


f0054428_041144.jpg


f0054428_043453.jpg


清水寺三重塔と放生池の紅葉です。

正面の仁王門に戻り仁王門北横の道から特別拝観の清水寺塔頭の「成就院」へ行きます。

f0054428_0154939.jpg


成就院近くの石仏群のお地蔵様♪

f0054428_0191848.jpg


成就院です。
600円を払って中へ♪
が、玄関を上がると直ぐに「庭、室内撮影禁止」となっています。
え! それなら入る前に書いておいて下さいよ~~~!

お庭は、奧の北の山(高台寺山、高台寺所有)を借景にして遙か奧の山中に大灯籠を配置する事によって遙か遠くまで庭が続くように錯覚させた造りです。
まさに隣の高台寺の山を借りた借景の庭ですね。
そして池泉回遊式の庭(私達は歩けませんが)があり、池には、烏帽子石、蜻蛉灯籠、石橋、手鞠灯籠と石組みが実に見事でしっくりしています。 小堀遠州作とも言われ国の名勝に指定されているそうです。
縁先には、豊臣秀吉寄進の大きな「誰ガ袖手水鉢」がまた良いですね♪
写真を撮れないとなると目にしっかり覚えさせようとお庭をいつもよりじっくり見れますね(*^_^*)
見ながらこの角度からカメラパチリしたいなぁ~なんて思いながら・・・・。

そしてこちらも人が少なく、静かな縁側となっていて良いですね。
ただ、こちらのお庭には、大きなモミジの木が幾つかあるのですが、今年は左側のモミジのみ色付き良しで、後は、色が悪いのが残念です。
これで色が良ければ、写真撮した~い!ってなっていたことでしょうね(笑)

f0054428_0385877.jpg


成就院の玄関から外をパチリ。
こちらからなら良いそうです。 お庭撮りたかったけど・・・・(*^_^*)
この辺りも清水寺境内ながら空いていて良いですよ。

f0054428_040374.jpg


清水寺仁王門です。
仁王門に戻り参道を下っていきます。
そして産寧坂へ。
産寧坂は清水寺より人が多いのでちょっとエスケープです(笑)
産寧坂途中の興正寺別院の高台へ♪

f0054428_0513860.jpg


f0054428_0552097.jpg


f0054428_0553914.jpg


興生寺高台の紅葉をパチリ。
こちらも人が少なくて良いですね(*^_^*)
その後・・・

f0054428_14208.jpg


八坂の塔を見ながら下り・・・

f0054428_15629.jpg


f0054428_155131.jpg


建仁寺の境内を通り抜け・・・

f0054428_163017.jpg


祇園白川を渡り・・・

f0054428_171742.jpg


鴨川沿いの紅葉と銀杏の黄葉と・・・

f0054428_17374.jpg


ハッサクでしょうか、柑橘系の黄色を愛でながら鴨川沿いを三条へ♪
地下鉄三条駅へやっと到着♪

そして地下鉄に乗り、天神川駅で嵐電に乗り換え、嵐山駅一つ手前の「鹿王院」下車です。
満員の乗車客の皆さんは嵐山へ向かわれます。
鹿王院で降りたのは、私だけ・・・・エヘヘ♪

さてさて2度目の鹿王院行きですが、紅葉の鹿王院はまだ行ったことがありません。
以前は冬枯れの鹿王院で、さっぱり良くなかったんですけど、紅葉が良いらしいと言うことで再度挑戦です。
さてさてどうでしょうね・・・・(*^_^*)

その2へ続きます。
[PR]
by ochikachan-51 | 2010-11-23 00:04 | 東山界隈
11月13日
平安神宮から永観堂、南禅寺、天授庵へ紅葉偵察に行って来ましたよ♪
平安神宮は七五三詣りで可愛い子供たちで一杯でした。
神苑の方へ紅葉を偵察に入ってみましたが、こちらの紅葉はいまいちでした(*^_^*)

f0054428_021551.jpg


神苑の綺麗な紅葉を見つけてパチリ♪

f0054428_1463857.jpg


f0054428_1214191.jpg


神苑の泰平閣(橋殿)からです。
今日は黄砂の影響で曇り空で残念です。

f0054428_045154.jpg


かえって平安神宮や京都会館の回り(岡崎公園)の木々の黄葉が鮮やかでした。

その後永観堂へ向かいます。

f0054428_063974.jpg


f0054428_084412.jpg


永観堂正面の門より

f0054428_093781.jpg


f0054428_018437.jpg


f0054428_071784.jpg


平安神宮の紅葉の色と比べるとさすが永観堂です。
永観堂の紅葉、結構進んで綺麗です。
門をくぐって塀越し、フェンス越しにパチリした写真です。
紅葉真っ盛りとまでは行きませんが、充分見応えありそうです。

f0054428_0183118.jpg


南禅寺へ向かいます。
今年は例年より紅葉が早い様に思います。

f0054428_0193759.jpg


途中の南禅寺界隈別邸の紅葉がきれいでした。

f0054428_0222152.jpg


f0054428_0224182.jpg


南禅寺三門です。
こちらも綺麗ですねぇ~♪
今年の紅葉の色がなかなか良い感じです。

f0054428_027680.jpg


南禅寺塔頭の「天授庵」へ入ってみましょう♪
こちらは三門直ぐ南側にあり、紅葉の鮮やかさで人気のお寺です。
拝観料400円でした。

f0054428_0295740.jpg


f0054428_0453025.jpg


f0054428_0305624.jpg


f0054428_049189.jpg


f0054428_032712.jpg


この縁側からの鮮やかな紅葉が人気なんですよね。
これだけ綺麗に紅葉が進んでいるとはビックリでした。
今年はやっぱり早いような・・・・・?

f0054428_1232327.jpg


さて奧の池の方へ回ってみますね。

f0054428_0542053.jpg


f0054428_12726.jpg


f0054428_112750.jpg


f0054428_105318.jpg


f0054428_055827.jpg


池の回りは縁側の紅葉より遅れ気味ですが、綺麗なところだけパチリ♪
また縁側の方へ戻ります。

f0054428_0513024.jpg


f0054428_111784.jpg


縁側の惚れ惚れする紅葉を見ながら天授庵をあとにします。

f0054428_1133884.jpg


南禅寺三門横のまっかな紅葉も綺麗です。

f0054428_1151024.jpg


f0054428_1141830.jpg


三門前の大灯籠の黄葉も♪

f0054428_1154122.jpg


f0054428_116572.jpg


さてさて家に帰るとします。
今年は案外、京都の他の紅葉綺麗かも(*^_^*)って思いながら・・・・・♪

では、また紅葉偵察に行ってみたいですね(^_^)v
[PR]
by ochikachan-51 | 2010-11-14 00:14 | 東山界隈