京都在住のお千賀さんの気ままな京都一人歩きです。

by ochikachan-51

圓光寺へ♪

9月26日
ふと圓光寺へ行ってみたくなりました。
モミジの紅葉が素晴らしい圓光寺ですが、普段は訪れる人も少なく、私のお気に入りのお寺です。


詩仙堂への坂道を上がっていきます。

f0054428_057486.jpg


途中に宮本武蔵で有名な「一乗寺下り松」も通り過ぎていきますよ(^_^)
石碑に「宮本吉岡決闘の地」となっています。 
武蔵が京都の吉岡一門と決闘した場所で、映画等でよく出てくる地名ですよね
こちらの松は4代目のようですけど、近くの八大神社に初代の古株が保存されているそうです。

f0054428_1735791.jpg


詩仙堂手前に左に折れるように案内があります。

f0054428_1745460.jpg


左に曲がり、少し歩くと右側に圓光寺の門が見えてきます。
そんな大したお寺の様に見えないのですが、どうぞ入ってみて下さい。

f0054428_17271100.jpg


f0054428_1713933.jpg


f0054428_1784127.jpg


f0054428_17451515.jpg


可愛い花達が出迎えてくれますね♪
そして門からの緩やかな坂と階段を上がっていくと

f0054428_17113223.jpg


f0054428_17205164.jpg


f0054428_1724525.jpg


左手を進んでいくと・・・・。
(右手の石畳を行くと寺宝館となっています。 
現存する日本最古の活字等の重要文化財や寺宝が展示されていますよ。)

f0054428_1725772.jpg


可愛い潜り戸をぬけると左手にこんなのもあるんですよ。

f0054428_17392756.jpg


水琴窟です。
水琴窟の水を横の石に垂らすとコロンコロンっと響きますよ。

f0054428_17394362.jpg


いつも季節の花が飾られています。  可愛いですね♪

水琴窟から本堂に上がっていきます。
本堂で拝んで縁側に回ります。

f0054428_17492341.jpg


額縁の絵を見ているようなお庭ですね♪
この庭のモミジが紅葉するんですから楽しみにことですよ。
(去年の紅葉ならこちらをどうぞ)

縁側に座り、しばしまったり♪

f0054428_17495914.jpg


f0054428_17514996.jpg


f0054428_17535290.jpg


紅葉には、まだ早いですが、少し紅葉しているところも見られますね。

縁側でゆっくりした後は、今度は、お庭を歩いてみましょうね。

f0054428_1736455.jpg


f0054428_22134355.jpg


f0054428_22142284.jpg


こちらのお寺の裏山が良い眺めなんですよ。
直ぐ登れますから一寸登ってみましょうね。

裏山の途中に・・・・。

f0054428_22203263.jpg


東照大権現(家康公)の墓となっています。

『圓光寺は慶長6年(1601)徳川家康が国内教学の発展を図るために下野足利学校第九代学頭 三要元佶(さんようげんきつ)禅師を招き、伏見に圓光寺を建立し学校とした。
孔子家語、貞観政要など多くの書物を刊行し、これらを伏見版、又は圓光時版と称された。
当寺には、出版に使用された木活字が現存しており、現存する活字では日本最古の活字であり、我国出版文化史上特筆すべき寺院であるといえよう。
その後、圓光寺は、伏見から相国寺山内、そして寛永7年(1667)にこの地に移転された。
又、境内山上には、東照宮や墓地内に村山たか女(花の生涯のヒロイン)の墓などがある。
(パンフレットより)』

と言うことで裏山に東照宮があるわけですが、一寸寂しい東照宮ですね(*^_^*)

それよりその奥にこの景色が広がります。

f0054428_22375827.jpg


京都の北西の山並みがみえています。

f0054428_23471346.jpg


お盆の8月16日に京都の夜空を焦がす「五山の送り火」の一つ、「妙法」の「法」の山もみえますよ。

お庭を堪能した後は、この裏山から京都の町と山並みを見に上がってくださいね(*^_^*)

f0054428_22474572.jpg


町並みを見下ろしながら下りていきます。
又お庭を巡りましょうね。

f0054428_22521662.jpg


右手の池が洛北で最も古い池、栖龍池(せいりゅうち)というらしいです。
小さな池ですが。

f0054428_22553541.jpg


f0054428_22484145.jpg


この庭のモミジが一斉に色付くのが早く見たいですね。
是非紅葉の折にいらしてください。
ライトアップもありますよ。
その時は、こんな静かなお寺ではないですけど(*^_^*)

f0054428_23171279.jpg


f0054428_23195587.jpg


さあ、そろそろ出ていきましょうね。

f0054428_23233166.jpg


外の紅葉も綺麗ですね。

f0054428_2331258.jpg


振り返って圓光寺とお別れです。
今度は紅葉の時に来ましょうね(^-^)/~

さて、お腹が空いてきましたので、曼殊院門前のお蕎麦屋さんへ。
一寸20分ほど民家や田園風景を見ながら歩きます。
又この道が私のお気に入りです。

f0054428_2335265.jpg


f0054428_23353651.jpg


f0054428_23355728.jpg


のんびりお花をパチリしながら歩くのが楽しいですね♪
さあ、見えてきましたよ。

f0054428_2351533.jpg


奥に見えているのが「曼殊院」です。
こちらも枯山水の素晴らしいお庭がありますよ。

f0054428_23521117.jpg


今日は曼殊院へ入らずに写真左に赤い毛せんが敷いてある椅子が見えるところを左へ。
池を渡って手打ち蕎麦が美味しい「弁天茶屋」へ♪

f0054428_022891.jpg


お蕎麦を食べて、善哉も食べちゃいました(*^_^*)
ああ、満足♪

さて外に出て、池の回りを散策。

f0054428_064063.jpg


辨財天さんが祀られているようですね。
それで弁天茶屋となったわけですか、 なるほど(^_^)

f0054428_08692.jpg


曼殊院正面。
以前は、この正面から中へ入れたのですが、今は、北側の門から入るようになっています。
こちらの方が趣があったんですが、残念ですね。

f0054428_09486.jpg


f0054428_0101435.jpg


紅葉時は、こちらの曼殊院前や池回りの紅葉が素晴らしい彩りになりますよ。
境内に入らなくても十分紅葉を楽しめますので、圓光寺の後はこちらへ回ってくださいね。
そしてお蕎麦も・・・・善哉(関東ではお汁粉って言うらしいですが)も♪

さて、お腹も一杯になりましたし、そろそろ帰りましょうか(^_^)

f0054428_0321532.jpg


町並みを見下ろしながら下っていく、この坂道も私のお気に入りです。

f0054428_0174946.jpg


この「歴史的風土特別保存地区」のお蔭でこの道の両側は畑が続くのんびり坂道となっています。 

f0054428_0162668.jpg


f0054428_0171330.jpg


f0054428_0271541.jpg


f0054428_021344.jpg


f0054428_0205494.jpg


いいなぁ~♪
のんびり下っていきます♪

f0054428_0223013.jpg


f0054428_0225177.jpg


かわいい秋でした(^-^)/~

おしまい
[PR]
by ochikachan-51 | 2008-10-14 18:09 | 洛北