京都在住のお千賀さんの気ままな京都一人歩きです。

by ochikachan-51

深泥ヶ池

京都府立植物園から北に少し行ったところに深泥ヶ池(みぞろがいけ)と言う池があります。

面積約9ヘクタール、周囲約1.5キロで現在でも氷河期時代以来の動植物が棲息する貴重な池とされています。 
東日本北部の冷温帯に成立するはずの高層湿原が残っているため、西日本に残る数少ない高層湿原の水生植物群落として国の天然記念物に指定されています。

f0054428_1624291.jpg


f0054428_23494952.jpg


写真は去年の5月3日です。

4月にはミツガシワ、5月はカキツバタ、トキソウ、9月にはサワギキョウ、そしてモウセンゴケ、ミミカキグサなどの食虫植物も自生しているようですよ。
と書くと尾瀬好きな私のことです。 ミツガシワ、トキソウ、サワギキョウ、モウセンゴケ、そうなんですよね。 尾瀬で見かけるお花です。 京都の町の中で尾瀬のお花に再会出来るんですよね。 去年、ミツガシワと感激の再会をした池なんですよね。 そのあと、トキソウ、サワギキョウを見にいこうと思いながら忘れてしまったわけです(*^_^*)
今年こそ、残りのお花見つけたいですね。

早速今年も4月21日にミツガシワを見に行って来ました。

f0054428_1614351.jpg


ミツガシワです。
植物園に咲いていたのでそれならばと行ってみたわけです。

f0054428_16145562.jpg


こちらは池の西側の住宅街が奥に見えています。 手前はミツガシワの群落です。

f0054428_16361371.jpg


こちらの奥が池の東側になります。 山が迫ってきていて森のような感じになっています。 沼すぐ横の散策路を一人歩いてきました。
(森の一人歩きに慣れている方なら大丈夫ですが、西側の住宅街から比べると一気に寂しくなりますからお連れと一緒に歩いて下さいね。 
それに深泥ヶ池には昔ちょっと背筋がぞ~~とするような恐いお話しが噂された時期もありますので(^^ゞ )

f0054428_16193799.jpg


尾瀬沼を思い出させるような池すぐ傍の木道です。 傾いたところもありますので気をつけて歩きます。

f0054428_16202632.jpg


f0054428_16182766.jpg


池の周りはミツガシワが一杯群生しています。
鳥の鳴き声を聞きながら写真を撮っているとのんびりします。 まるで山の奥へでも入ったような気分になりますね(*^_^*)

f0054428_16214297.jpg


ミツバツツジ?も咲いていましたよ。

f0054428_16532446.jpg


f0054428_1621469.jpg


スミレも。 

f0054428_16215676.jpg


f0054428_1771582.jpg


高台にでました。

こちらから宝ヶ池方面に抜けられると聞いて上を目指して登っていったのですが、はてさて途中から道が見つかりません。
仕方がないので又麓のほうに下りてどこへ出てきたかなと思ったら深泥ヶ池のバス停から4つ北の円通寺のバス停まで出てきました。 あれ~こんなとこに出てきちゃった(*^_^*)
でも知らない山道探索したって感じで面白かったです。
それでは、ここからバスに乗って帰ることとしましょう。

f0054428_17413710.jpg


今度はトキソウを探しに来たいですね。 忘れないようにしなくっちゃ♪

おしまい。
[PR]
by ochikachan-51 | 2006-05-02 17:43 | 洛北