「ほっ」と。キャンペーン

京都在住のお千賀さんの気ままな京都一人歩きです。

by ochikachan-51

御所からの大文字の送り火♪

8月16日
今日は五山の送り火の日です。
五山の送り火の一つの
大文字の送り火は家の屋上から見ることが出来ますので毎年こちらにアップしていましたが、毎回同じ構図になります。
夜7時40分に思い立って、急いで用意をして地下鉄に飛び乗りました。
最初は北大路駅で降りて賀茂川の河原から大文字をと思っていたのですが、8時点灯に間に合わないようですので、急遽今出川駅で降りて御所(京都御苑)に行ってみました。

夜の御所に入って気がついたのですが、真っ暗です(笑)
大文字が見える場所まで行くとたくさんの人が見上げておられるのですが、そこまで行くのに暗くて、足元が見づらいです。
そのうち、慣れてきましたが、次回は、一寸灯りがあると良いですね(*^_^*)

f0054428_22483.jpg


京都御苑の建礼門あたりからの「大文字送り火」です。
家から見るとだいぶん斜めの大ですが、こちらはすっきり大となっていますね♪
でも、大文字の大は御所を向いていると聞いていたのですが、どうも御所を向いていると思えません。
今日、北大路橋から大文字を見たのですが、そのあたりの方がまだ正面を向いているように思います。

主人が今日のKBSテレビの送り火のライブで
御所でなく、室町幕府の将軍が住んでいた「花の御所」に向いて作られたと説明されていたそうですが、・・・・。
確か花の御所は御所近くですが、御所より北西に位置していたようだと思うのですが、
もう一度位置を確認してみますね。


ちなみに「大文字送り火」は「大文字焼き」ではありませんのでお間違いないように(*^_^*)
京都にお住まいの方でも、たまに間違っておられる方がいますね。
お盆に帰ってこられたご精霊(京都では、お精霊さんおしょらいさん と呼びます)を送る行事です。
ですので、決して「焼き」とならずに「送り火」となりますよね(^_^)


来年はまた違う場所に行ってみたい気がしますが、家でのんびり見る方が良いような気もします(*^_^*)
家で見れる間は家から見るのが本当の送り火の意味があるのかもしれませんね。
と言いながら、来年もどこかを彷徨うかもです(*^_^*)


おしまい。
[PR]
by ochikachan-51 | 2012-08-17 02:12 | 大文字山、五山の送り火