京都在住のお千賀さんの気ままな京都一人歩きです。

by ochikachan-51

朝の散歩に 妙法院へ♪

最近はご無沙汰ばかりで申し訳ありません。

以前のように朝の散歩もずぼらばかりですが、久しぶりに朝の散歩に東山七条の妙法院へ行ってみました。
智積院のすぐ北隣になるのですが、いつも中へは入れないものと思い素通りでしたが、
他県のお知り合いに教えてもらい境内探索となりました。

f0054428_23135180.jpg


妙法院大門です。

妙法院は最澄を開祖とする由緒あるお寺で、三千院、青蓮院とともに「天台三門跡」の一つでもある門跡寺院です。
(門跡寺院とは、皇族・貴族の子弟が歴代住持となるお寺をいいます。)

そして後白河法皇や豊臣秀吉ゆかりのお寺でもあるようです。
このすぐ近くの秀吉創建の方広寺や後白河法皇創建の三十三間堂や新日吉(いまひえ)社は妙法院の兼帯となっていたそうですが、今はは三十三間堂のみとなっているようですよ。
三十三間堂がこちらのお寺の所属とは知らなかったですねメモメモ♪

f0054428_23223279.jpg


正面の建物は国宝の「庫裏」です。 
秀吉が方広寺大仏殿で先祖のための「千僧供養」を行った際の台所として使用されたと伝えられています。庫裏は屋根を切妻造とするものが多いそうですが、こちらの庫裏は入母屋造となっているとのことです。


f0054428_23283315.jpg


庫裏の玄関です。 
玄関は唐波風となっています。
玄関から柵がされていますので中へは入れませんが、中は薄暗いながらよく見れます。

f0054428_2341366.jpg


庫裏の中です。 

f0054428_2344263.jpg


庫裏の天井です。
天井の梁も立派なものです。 
実は、こちらにこんな国宝があったとは知りませんでしたメモメモ♪

f0054428_23461168.jpg


境内の奥へ進みます。

f0054428_23472282.jpg


明治天皇の行在(あんざい)所ですか。
行在所とは、天皇が行幸するときの旅先に設けた仮宮とのことです。
どちらへ行かれる時のだったのでしょうね。
(どうも父君の孝明天皇陵や皇室の菩提寺泉涌寺へ行かれるときに休憩されたようです)

f0054428_23551983.jpg


境内から見た唐門です。

f0054428_15385.jpg


唐門正面です。 
いつも東大路通りからこの唐門を見ていたのですが、いつも柵をされていたのでてっきり中へは入れないと思いこんでいました。
外から見ると立派な由緒あるお寺の門のようですが、近くに行くと屋根が結構痛んでいるようです。

f0054428_23485615.jpg


こちらから本堂(普賢堂)へ続くのですが、7時半から開門とのことです。
一寸待ってみます。

f0054428_2352945.jpg


地蔵堂です。 お地蔵様がたくさん祀られています。

f0054428_022856.jpg


緑が気持ちいいですね。

少し待っているとお寺の方が柵を開けてくださり、「どうぞ、お参りください」とのことです。
伺ってみましたら、秋に特別公開がありお寺の内部や宝物を見せていただけるようです。
その時には、ぜひ一度拝見させてもらいたいですね。


f0054428_05610.jpg


本堂の普賢堂です。

f0054428_055290.jpg



建物は江戸時代のようです。
中には、こちらのお寺の本尊「普賢菩薩像」を祀ってあり、平安後期の作で重要文化財となっているようです。

f0054428_019784.jpg


左が大書院、右が白書院となるのかな。 どちらも重要文化財のようです。

f0054428_0234714.jpg


大書院と思うのですが、間違っていたらごめんなさい。
こちらの前に「七卿落」の大きな白い説明版がつけられています。

こちらのお寺は幕末に三条実美ら尊皇攘夷派の公卿7人が京都から追放された「七卿落ち」の舞台となったお寺でもあるのですね。

文久3年(1863)8月19日、先の7人の公卿たちが早朝の雨の中、このお寺を出発し、千人の兵に守られながら長州に落ちて行ったわけですね。
歴史に出てくる「七卿落ち」がこのお寺とこんな関係があったとは知らずでした 大メモメモ♪
こういうのを色々知るとこれから妙法院の前を通っても今までと違っておもしろく見えてきそうです(^_^)

f0054428_20825.jpg


唐門です。 来た道を戻ります。

f0054428_055557.jpg


f0054428_23531527.jpg


f0054428_056193.jpg


最初にご紹介した国宝の庫裏の屋根が見えています。 

f0054428_0564535.jpg


大門から外へ出て、妙法院の立派な石垣を見ながら帰宅となります。

おしまい(*^_^*)
[PR]
by ochikachan-51 | 2012-07-06 01:18 | 東山界隈