京都在住のお千賀さんの気ままな京都一人歩きです。

by ochikachan-51

京都御所 特別公開へ その2♪

紫宸殿は南向きに立ています。 
正面南から、西へ、そして北へまわると紫宸殿の裏側になるのですが、
そちらには、「清涼殿」の御殿が続きます。
紫宸殿から北へ北へと御殿が広がっていくようです。

f0054428_22175596.jpg


「清涼殿」です。
天皇が日常の生活の場として使用されていた御殿です。 入母屋檜皮葺寝殿造りで現在の建物は平安時代のものより小さくなっているそうですが、比較的よく古制を伝えているそうです。

f0054428_2219087.jpg


正面がさきの清涼殿、左側が紫宸殿の北側(裏)になります。

そしてさらに清涼殿を北へすすみますと

f0054428_2226566.jpg


すぐ右手に優雅な橋が見えてきます。
そして目の前にこちらの風景が広がります。
広々とした見晴らしの良いお庭です。

f0054428_22274462.jpg


大きな池のある「御池庭おいけにわ」の西側に御殿がコの字型に建てられています。
池畔は石を並べた州浜で、その中に船着への飛び石が置かれています。

f0054428_22301939.jpg


f0054428_2236497.jpg


f0054428_22312037.jpg


こちらの庭は回遊式庭園となっていて季節ごとの景色を楽しむことが出来るようになっているそうです。

御池庭の前の御殿は「小御所こごしょ」「御学問所おがくもんしょ」となっていて
その2つの御殿の間の中庭が「蹴鞠の庭」となっています。

「御」を「ご」と読んだり「お」と読んだりむずかしいですね(*^_^*)

f0054428_2246325.jpg


f0054428_22472486.jpg


「小御所」です。
皇太子の元服などの儀式に用いられ、将軍や諸侯と対面される場所などにも使用されたそうです。
寝殿造りから書院造りへ移行する時期の建築様式とされています。

f0054428_22545822.jpg


「蹴鞠の庭」です。
左側が先の小御所で右側が次にご紹介します御学問所となります。

f0054428_22563831.jpg


f0054428_22572099.jpg


こちらが「御学問所」です。
学問だけでなく、和歌の会などにも使われた入母屋檜皮葺書院造りの建物です。
このお庭を見ながら和歌の会なら風情があって良い和歌が出来たことでしょうね。

「その1」の最初にご紹介した「諸大夫の間」や「紫宸殿」からこの「御学問所」まで廻廊で繋がっているようですね。


さらに池に沿って北へまわっていきますと

f0054428_2371693.jpg


北側に塀越しの「御常御殿おつねごてん」の屋根がみえ、

f0054428_2381452.jpg


池越しにさきほどの「小御所」「御学問所」などの建物が見えていますね。

さて、この先は、天皇の日常のお住まい「御常御殿」へとなり塀で仕切られています。


「その3♪」へ続けたいと思います。
[PR]
by ochikachan-51 | 2009-05-11 22:59 | 街中